« 霜が降り、梅の蕾ふくらむ | トップページ | 神奈川新聞「紙面拝見」に記事掲載 »

☆ちゃんの「あんよ」と子どもの時間

★くんと☆ちゃんとママ(長女)、連れ合いと私の5人で横浜の次女の家にお出かけです。

次女とその連れ合いは、お昼にパスタを作ってくれました。パスタは手回しの機械に何回も材料を通してこねました。太くてコシのある手づくり生パスタは大好評。 

Dscn5499

Dscn5495_2 

どれもこれも美味しくいただきました。

Dscn5512

食後は、★くんは次女の連れ合いと男同士のミニレゴで遊び。☆ちゃんは這って部屋中を動き回ります。

Dscn5523

☆ちゃんはいつのまにか靴下を脱いで、爪先立ちをして伝い歩き。そして、手を差しのべると、私のほうへ2歩、3歩と歩きます。

Dscn5594

この日は、「あくしゅ」も覚え、何回も何回も手を差し出して順番に「あくしゅ」。

Dscn5588

テーブルの下を覗き込んでは、「いない、いない、バー!」を繰り返します。

夕方、★くんは、「帰りたくない! 泊まりたい!」と泣きました。

「楽しいことがいつまでも続くように」「次女夫婦との別れがたい思い」、子どものエネルギーには限りがありません。

あっという間に過ぎる大人の時間、一瞬一瞬新しい体験を重ね、いつまでも続く子どもの時間。まるで違っている時間の進み具合を感じる休日のひとときでした。

|

« 霜が降り、梅の蕾ふくらむ | トップページ | 神奈川新聞「紙面拝見」に記事掲載 »

育児」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ちゃんの「あんよ」と子どもの時間:

« 霜が降り、梅の蕾ふくらむ | トップページ | 神奈川新聞「紙面拝見」に記事掲載 »