« 丹沢自然塾「里地・里山学習会」を開催します | トップページ | 丹沢山ろくの新緑が目にあざやか! »

丹沢山ろく「里地・里山」学習会を開催

2013年4月20日(土)は、冬に逆戻りしたような寒い日でした。丹沢まつりの前夜祭が開催中の秦野市立西中学校に隣接した西公民館が学習会の会場。

午前中の名古木の棚田での作業を終えて駆けつけたドン会会員、小田急線渋沢駅から徒歩で参加した自然塾の塾生、この日掲載された「タウンニュース」の紹介記事を見て参加した市民が会場に集まりました。

Dscn7295

タイトルは岡進さんが毎年担当してくれています。

ドン会の金田さん、秦野市森林づくり課課長の小澤さんのあいさつの後、さっそく3つのテーマで講演。

テーマ1:秦野の里地・里山の保全・再生の取り組み(秦野市森林づくり課・北村さん)

テーマ2:丹沢ドン会の目的と棚田の保全・再生活動(ドン会・岡進)

テーマ3:里地・里山のしくみ~丹沢山麓の自然と暮らし~(東海大学・藤吉正明准教授)

Dscn7342 

質疑・応答を含め2時間余りの学習会で、人の手が入ることによって、里地・里山の自然景観や伝統的な農村風景が保たれていることを改めて学びました。そのことで、生物の多様性も守られていることを実感しました。

Dscn7523

Dscn7531

参加者全員で会場の片づけ。その後、東海大学の藤吉ゼミの学生さん6名の指導で、「自然を生かす・楽しむ~草木染の体験教室~」を希望者30名ほどで行いました。

それぞれのデザインでつくり上げた手ぬぐい。名古木の棚田で汗ふきに登場する日も近いでしょう。

|

« 丹沢自然塾「里地・里山学習会」を開催します | トップページ | 丹沢山ろくの新緑が目にあざやか! »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢山ろく「里地・里山」学習会を開催:

« 丹沢自然塾「里地・里山学習会」を開催します | トップページ | 丹沢山ろくの新緑が目にあざやか! »