« 小粒で甘露、ビワの実豊作 | トップページ | 丹沢自然塾「竹細工教室」で一輪挿しづくり »

丹沢自然塾「棚田の開墾教室」でいい汗かきました

2013年6月22日(土)は、朝から雲の間に青空が顔を見せいていました。NPO法人自然塾丹沢ドン会「丹沢自然塾」の「開墾教室」を開きました。

Dscn9277

Dscn9284

3週間前に田植えをした棚田の苗は緑を濃くして順調に成長しています。

Dscn9283

この日の開墾教室は、伐採した灌木の丸太を土手の上に運び上げて棚田の原へ運搬し、払った枝の山を焚き木用に結束します。

Dscn9288

Dscn9307

この日の自然塾の内容を金田さん、小金井さんが、復元・開墾している棚田の植生や水生生物などのこれまでの調査について田部井さんが塾生たちに解説。

Dscn9320

ホダ木の結束の指導は小堤さん。昔取った杵柄、手足、体が自然と動きます。

Dscn9364

Dscn9384

Dscn9389

大勢でやる作業。ホダ木の山は見事に変身。

Dscn9323

Dscn9393

Dscn9335

Dscn9328

屈強の男性陣は丸太を土手の上まで運び上げました。

Dscn9342

棚田の原までは運搬機が威力を発揮。午前中にようやくこの日の作業を終えることができました。

Dscn9408

Dscn9409

Dscn9411

ドン会特製の味噌汁や、持ち寄りの手づくり料理で昼食。午後の「竹細工教室」にそなえました。

|

« 小粒で甘露、ビワの実豊作 | トップページ | 丹沢自然塾「竹細工教室」で一輪挿しづくり »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢自然塾「棚田の開墾教室」でいい汗かきました:

« 小粒で甘露、ビワの実豊作 | トップページ | 丹沢自然塾「竹細工教室」で一輪挿しづくり »