« 梅雨明けと☆ちゃん、★くんの台風一過? | トップページ | 災害時のロープワークと救急処置法を学ぶ »

自然塾・名古木の田んぼの生き物観察会に80名余の参加者

2013年7月13日(土)は、NPO法人自然塾丹沢ドン会の「丹沢自然塾」。朝からじっとりするむし暑さです。この日は、名古木の復元した棚田の「田んぼの生き物観察会」。東海大学人間環境学科自然環境課程の北野忠先生と、ゼミの学生10名が講師です。

Dscn9727

まずは記念写真。この日の参加者は、この後も家族連れが続々と加わり、80名余りに。

Dscn9712

この日の名古木の棚田の風景。6月1日の田植以降、苗は順調に育っています。

Dscn9768

Dscn9777

Dscn9800

Dscn9797

Dscn9773

棚田を復元し、米づくりをして人の手が入ることによって、水生生物が戻ってきました。

Dscn9823

1時間ほど田んぼや小川で採取した生き物たちを持ち寄りました。

Dscn9853

北野先生の解説が始まりました。子どもに戻った大人も、正真正銘の子どもたちも興味津々。

Dscn9844

Dscn9848

ホトケドジョウやアカハライモリなど多様な水生生物が観察されました。里地里山の豊かな水環境が名古木の棚田にあることを物語っています。

Dscn9860

Dscn9894

Dscn9875

子どもたちの未来に、この里地里山の伝統的な風景、自然環境を伝えることが、NPO法人自然塾丹沢ドン会の使命です。
















|

« 梅雨明けと☆ちゃん、★くんの台風一過? | トップページ | 災害時のロープワークと救急処置法を学ぶ »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然塾・名古木の田んぼの生き物観察会に80名余の参加者:

« 梅雨明けと☆ちゃん、★くんの台風一過? | トップページ | 災害時のロープワークと救急処置法を学ぶ »