« 自然塾・名古木の田んぼの生き物観察会に80名余の参加者 | トップページ | 加藤三朗さんの詩集「その夜の夢のロシナンテ」発刊 »

災害時のロープワークと救急処置法を学ぶ

土曜日、名古木の棚田の「田んぼの生き物観察会」の後に、災害時のロープワークと救急処置法の体験講座を開きました。

講師を務めたのは、丹沢ドン会の小野寺さん。小野寺さんは、相模原市で震災時のボランティアコーデネーターを務めています。

Dscn9977

最初にロープワークの手ほどき。震災の時などに、ビニールシートとロープがあれば、家族一緒に雨露をしのぐ簡易テントを作ることができます。

Dscn9981

まずはロープの結び方。真結びであれば、しっかり結び、簡単にほどくことができます。

Dscn9995

息の合ったロープさばきを見せるご夫婦も。

Dscn0009

次に、ドン会メンバーの大森さんから熱中症対策のアイデア。まず、水分をこまめにとること。それでも暑さでボーっとして気分が悪くなったときには、家庭の冷蔵庫にある保冷剤をタオルに包んで首の両サイド、両脇の下、両方の股の付け根に当てるといいですよ・・・。

Dscn0024

Dscn0019

Dscn0030_2

いよいよ三角巾です。三角巾はいろいろな用途に使える万能グッズ。頭の傷を帽子のようにして巻いて手当てする。折りたたんで包帯状にして使う。足首の捻挫にはしっかり縛って固定する。

Dscn0029

田んぼの生き物観察会の講師を務めた東海大学の学生さんたちも真剣に取り組みました。

講習会の後は、テントの下で、みんなで昼食をとりました。

Dscn0005

Dscn0004

Dscn0003

みそ汁、新ジャガのポテトサラダ、取れたてのキュウリ、ニンジン、ミニトマト。

Dscn0031

持ち寄りの手作り惣菜がところ狭しとテーブルに広げられました。

Dscn0034

Dscn0036

Dscn0037

Dscn0038

Dscn0033

Dscn0044

Dscn0039

Dscn0035

学生さんたちもあッという間に完食!

Dscn0053

食後は、恒例の若者たちの「一言メッセージ」の時間です。

出身地・彼女居る無し・将来の夢や希望などなど・・・、次の時代を担う大学生たちの未来に、大いなる幸あれ! と願いました。

|

« 自然塾・名古木の田んぼの生き物観察会に80名余の参加者 | トップページ | 加藤三朗さんの詩集「その夜の夢のロシナンテ」発刊 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のロープワークと救急処置法を学ぶ:

« 自然塾・名古木の田んぼの生き物観察会に80名余の参加者 | トップページ | 加藤三朗さんの詩集「その夜の夢のロシナンテ」発刊 »