« 山古志の棚田の風景を見ながら山道をたどる | トップページ | 秦野市ボランティア連絡会の研修会でドン会の活動を報告 »

鹿の子百合咲き、セミの声響く

この夏もまた、鹿の子百合が咲きました。十数年を経て、すっかりこの土地に根付き、株を増やしました。

Dscn0364

Dscn0292

我が家の庭の鬱蒼とした木々を渡る風は、居間の網戸から涼を運んでくれます。網戸に止まったセミの鳴き声が風と一緒に入り込みます。

残り梅雨のような定まらない雲行きの夏の風景です。

|

« 山古志の棚田の風景を見ながら山道をたどる | トップページ | 秦野市ボランティア連絡会の研修会でドン会の活動を報告 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿の子百合咲き、セミの声響く:

« 山古志の棚田の風景を見ながら山道をたどる | トップページ | 秦野市ボランティア連絡会の研修会でドン会の活動を報告 »