« 「自費出版ジャーナル」100号記念座談会に参加 | トップページ | 秋の味覚、たわわに実る柿 »

ヤマイモのグリーンカーテンのムカゴと幼虫

ヤマイモのグリーンカーテンの下に黒いフンが点々と落ちていました。しかし緑の葉っぱに同化していて、その正体を確かめることができませんでした。

ヤマイモの葉っぱは、ところどころ穴あき状態で、小粒のムカゴがなっています。

Dscn1065

ある日、突然、茶色い幼虫が目の前に姿を現わしました。先端にある口で起用に葉っぱを食べる姿にしばし見とれていました。

Dscn1069

ところが、翌朝、その場所には影も形もありません。

インターネットで検索しても、この幼虫が、この後どのように姿を変えるのか、見つけることができません。

庭には、クロアゲハやアゲハチョウが時折、花の蜜を吸いにやってきますが、忽然と姿を消したこの幼虫は、はたして何者なのでしょうか。

|

« 「自費出版ジャーナル」100号記念座談会に参加 | トップページ | 秋の味覚、たわわに実る柿 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマイモのグリーンカーテンのムカゴと幼虫:

« 「自費出版ジャーナル」100号記念座談会に参加 | トップページ | 秋の味覚、たわわに実る柿 »