« 我が家のミカン狩り | トップページ | 丹沢ドン会「そば打ち教室」 »

北鎌倉湧水ネットワーク「里山ってなんだ!」原稿受領

北鎌倉湧水ネットワークの「鎌倉の美しい里山継承プロジェクト」の3年間の活動を記録した「里山ってなんだ! 『山』の手入れはなぜ必要か?」の原稿を同代表の野口稔さんから受け取りました。

Dscn3780

小田原駅近くの喫茶店で打ち合わせ。A5判64ページのブックレット、来年3月2日発行です。

「はじめに」の中で、ネットワーク代表の野口さんは出版の意図を書いています。

「北鎌倉湧水ネットワークは2011年1月から、六国見山を最初の舞台に、鎌倉の荒廃した里山を再生し、人と自然が交流できる明るく美しい里山として次世代に継承するための『鎌倉の美しい里山継承プロジェクト』を本格的にスタートさせた。荒れ果てた里山を放置しておくことは、倒木や土石流災害発生の危険性、日照、積雪時の道路の凍結、節電への妨げ、花粉症の発症などさまざまな問題をはらんでいる。同時に本来の『里山』でない姿を『里山』だと誤って子どもや孫に伝えることになる。

・・・里山の手入れに関してはさまざまな意見が寄せられた。地道な活動を通じて、こうした意見に適切な答えを出していきたい」

3年間という短期間に、目を見張るほどの成果を上げた、六国見山の里山整備活動の中核メンバーの働き、鎌倉市との連携など、活動の足跡と、その成果を知ることが出来ます。

|

« 我が家のミカン狩り | トップページ | 丹沢ドン会「そば打ち教室」 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北鎌倉湧水ネットワーク「里山ってなんだ!」原稿受領:

« 我が家のミカン狩り | トップページ | 丹沢ドン会「そば打ち教室」 »