« 消えたA新聞輸送車、1日半後に新聞は届いた | トップページ | ☆ちゃんの「ひとりお出かけ」と「オリョウリのお手伝い」 »

もうすぐ発刊! 楊井さんの本

昨年秋から編集作業を進めていた楊井一滋さんの本の最終校正が終わりました。大雪の影響はまだ尾を引いています。宅配便の収集がままならないということで、ゲラの受け渡しと打ち合わせに急きょ秦野駅までおいでいただきました。

楊井さんは団塊世代のど真ん中。本業のかたわら、ライフワークとしての本づくりに取り組んでおられます。

Dscn60342

地域の歴史・文化を新たな切り口で再発見しようと、楊井さんはぎりぎりまで推敲を重ねました。その校正作業が終わりました。

腰帯には次のキャッチコピーを掲げさせていただきました。

「作家・城山三郎のアドバイスを胸に秘めて、〇〇〇の古道を歩き人々に聞いた「はじめての古道めぐり」。足で書いた〇〇〇の歴史のエッセンス!」

桜の花のたよりが聞かれるころには、けがえのない1冊の本に仕上がる予定。楽しみです!

|

« 消えたA新聞輸送車、1日半後に新聞は届いた | トップページ | ☆ちゃんの「ひとりお出かけ」と「オリョウリのお手伝い」 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ発刊! 楊井さんの本:

« 消えたA新聞輸送車、1日半後に新聞は届いた | トップページ | ☆ちゃんの「ひとりお出かけ」と「オリョウリのお手伝い」 »