« 丹沢山ろく雪解けの風景 | トップページ | 秦野盆地から望む大山~表丹沢は雪景色 »

手回し充電式携帯ラジオと石油ストーブ

南岸低気圧による2014年2月8日の降雪は、雪に慣れない太平洋岸の都市の人びとに多大な影響を及ぼしたようです。東京では27㎝、秦野盆地では10㎝ほどの積雪でした。

テレビアンテナの不調で、非常用のラジオを取り出しました。

Dscn59372

手回し式充電のもので、FM、AMラジオが聞け、ライトもあり、携帯の充電端子も付いている優れものです。

これまで仕事中はラジオを聴く習慣はありませんでしたが、試しに「ながらデスクワーク」 をやってみると、これがなかなか良いのです! 仕事がグングン? 進みます。

Dscn59412

病みつきになりそう? 

Dscn59452

暖房も石油ストーブを押し入れから取り出して使い始めました。柔らかい温かさが心地よい。その上お湯を沸かすことができるという一石二鳥。

何やら昭和の香りが漂い始めた2~3日でした。

|

« 丹沢山ろく雪解けの風景 | トップページ | 秦野盆地から望む大山~表丹沢は雪景色 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手回し充電式携帯ラジオと石油ストーブ:

« 丹沢山ろく雪解けの風景 | トップページ | 秦野盆地から望む大山~表丹沢は雪景色 »