« 梅の実収穫、ムクゲの蕾まだ固く | トップページ | 『政経かながわ』に「あらためて思う里山の富」の記事掲載 »

梅雨の晴れ間、大山姿現わし、富士雲隠れ

久しぶりの上天気、朝からむし暑くなる予感。

梅雨の晴れ間、朝食前にミニトマトの鉢を軒下から太陽の当たるところに移動し、2階のベランダに布団を干しました。

Dscn92632

Dscn9264

2階の北の窓から、大山が隣家の屋根越しに姿を現わしています。南のベランダからは西の方角に富士山が、残念ながら雲隠れ。

Dscn9269

ビワの実は黄色く熟し、私たちが味わう前から野鳥たちがせっせと食べています。

Dscn92712

アジサイの花も2階から見下ろすと違った風景を見せてくれます。

Dscn92742

近くの公園の緑の向こう、クレーン車が朝から動き始め、建前の槌音が響き始めました。

梅雨の晴れ間、青空の下にさわやかな風が吹き渡っています。

|

« 梅の実収穫、ムクゲの蕾まだ固く | トップページ | 『政経かながわ』に「あらためて思う里山の富」の記事掲載 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間、大山姿現わし、富士雲隠れ:

« 梅の実収穫、ムクゲの蕾まだ固く | トップページ | 『政経かながわ』に「あらためて思う里山の富」の記事掲載 »