« 地方・小出版流通センターにドラマ「遠い約束」の書店対応相談 | トップページ | 真夏の本出し作業と鹿の子ユリ・アゲハチョウ・セミの競演 »

母・美代子の三回忌に、ふるさと長岡へ

母・美代子さんの三回忌に、ふるさと長岡へ帰省しました。

Dsc_02272

家の前の田んぼは、稲穂が少し出始め、緑の色を濃くしていました。

Dsc_02332

家の周りの木々は、暑い日差しを受けて息も絶え絶え。この日の最高気温は36度を越えました。

Dsc_02072

浄福寺のご住職さんを迎え、母の三回忌、祖母の二十三回忌の法要を、近しい人たちにお集まりいただき営みました。

Dsc_03542

仏前には、「ありがとう! 美代子さんの笑顔と『すっとこどっこい!』」の本と、8月25日に放映されるTBSのテレビドラマ「遠い約束~星になったこどもたち」の原作、増田昭一さんの「満州の星くずと散った子供たちの遺書」(夢工房刊)を添えました。

Dsc_03212

実家の兄の手造りの庭では、蓮の花が咲いていました。

Dsc_02612

昼食は、長岡市内のイタリアンレストランでいただきました。

Dsc_03302

実家に戻り、車で7~8分の所にある「寺宝の湯」に入って汗を流しました。夕食は、兄の連れ合いの手作り料理をいただきました。大好物の蒸かしナス、トマトのドレッシング和え、枝豆…田舎の野菜を堪能しました。

夜は、昔懐かしい「蚊帳」を張って就寝したものの、暑さは一向に衰えません。朝方になってようやく網戸越しの涼しい風が蚊帳を揺らしました。

降り始めた雨の中、兄は納屋の軒下で釜で新ジャガを蒸かしました。炎暑の昨夕は、同じ釜で、下の娘の連れ合いさんがカマド番をしてくれ、蒸かしナス、枝豆が出来上がりました。今朝の食卓には、アツアツ、ホカホカのジャガイモが・・・。そこに娘夫婦が起きてきました。

「朝方、風と共に蚊帳に蚊が侵入」という笑えないハプニングのおまけ付きの母・美代子さん三回忌の法事でした。

|

« 地方・小出版流通センターにドラマ「遠い約束」の書店対応相談 | トップページ | 真夏の本出し作業と鹿の子ユリ・アゲハチョウ・セミの競演 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母・美代子の三回忌に、ふるさと長岡へ:

« 地方・小出版流通センターにドラマ「遠い約束」の書店対応相談 | トップページ | 真夏の本出し作業と鹿の子ユリ・アゲハチョウ・セミの競演 »