« 納豆の日の翌日は、台風一過の青空に | トップページ | 名古木の棚田で「田んぼの生き物観察会」 »

丹沢ドン会・名古木の復元棚田は緑濃く

2014年7月12日(土)は、朝からむし暑くなる予感。バスと徒歩で丹沢ドン会が復元した秦野市名古木の棚田へ向かいました。

列島各地で大きな爪跡を残したスーパー台風。丹沢山ろくでは前触れの豪雨の影響が心配でした。

Dscn00312

この日の名古木の棚田。豪雨による影響は今回は軽微で、棚田のあぜが数か所少し崩れていましたが、土を盛って応急処置をしました。

Dscn00352

Dscn00362

Dscn00442

5月31日、6月1日に田植えをした苗は、ご覧のようにしっかりと分けつし、緑濃く育っています。

この日は、東海大学自然環境課程の北野研究室の北野忠准教授とゼミ生による「田んぼの生き物観察会」。

Dscn00462

Dscn00472

Dscn00482

Dscn00492

Dscn00622

三々五々、ドン会会員、自然塾生たちが棚田に集まって来ました。子どもたちも完全装備で準備完了。

Dscn00572

北野ゼミの学生たちも暑い日差しの中、登場。詳細は改めてレポートします。

|

« 納豆の日の翌日は、台風一過の青空に | トップページ | 名古木の棚田で「田んぼの生き物観察会」 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢ドン会・名古木の復元棚田は緑濃く:

« 納豆の日の翌日は、台風一過の青空に | トップページ | 名古木の棚田で「田んぼの生き物観察会」 »