« 軽井沢レイクガーデンで大野耕生さんと再会の巡り合わせ | トップページ | 伊勢治書店で「かながわ自費出版の会」ブックフェア開催 »

五十嵐商店でハダノワ「コンサート&まちネタ交流会」開催

秦野市本町四ツ角近くにある3階建て洋風建築「五十嵐商店」(昭和2年に創建)で、「五十嵐SHOW10+プロジェクト・ハダノワ」の第8回イベントを開催しました。弦楽による室内管弦楽演奏会とまちネタ交流会です。

Dscn98472_2

五十嵐商店を拠点に、秦野の元気づくり、まちづくりを進める「ハダノワ」の活動は、2011年にスタート、4年目に入りました。

Dscn97872

会場入り口・会場内には、建築家・村上敬さんによる山野草の展示が行われ、涼しげな雰囲気を醸し出してくれました。

Dscn98212

Dscn97902

会場の第5倉庫の軒下では、ガレージセールを開催。日用雑貨・衣料品・本・趣味のアクセサリーなどが販売され、盛況でした。

Dscn97702

はじめに、「ハダノワ」代表の平野さんが、これまでの活動を報告。

この日の演奏者は、山下早代子・平野秀一・吉田和道・高田晶子・久保寺健子・臼田信夫・臼田正子・久保寺敏郎の8名。天井の高い倉庫の空間は、思いがけない豊かな響きをもたらしてくれました。

Dscn98312

演目は、ドホナーニ「弦楽四重奏曲№1」モーツアルト「弦楽四重奏曲K589」「ディベルティメントK136」と日本の歌「ヤシの実・浜辺の歌・夏の思い出」などでした。70名余の参加者はアンコールの拍手で演奏者にエールと感謝の思いを贈りました。

Dscn98682_2

演奏の途中の休憩時間には、村上さんが山野草の話を少し。演奏終了後は、五十嵐商店のご当主に昭和以来の街と商いについて話してもらいました。その後、ハダノワの光本さん、福田さんの案内で、五十嵐商店の建物見学会を開催しました。

Dscn98972

第2部の「まちネタ交流会」です。料理は、「ジンジャー&ピクルズや」にお願いしました。最初に、地元の食材をふんだんに使った料理の解説。この日のバンドマスター・吉田和道さんの乾杯で第2部の始まり。私は、進行役を務めました。

Dscn99112

Dscn99242

Dscn99492

料理と飲み物をいただきながら、市民がつくる秦野のまちの小川さんが、「本町地区見て歩き」の報告、尾尻の洋館を保存する会の福田さんが「秦野の鹿鳴館・旧梅原家洋館の保存運動」「五十嵐商店の国の登録文化財指定に向けた取り組み」について報告。

進行役の私は、第2部参加の40名余りの一人ひとりから、この日のイベントの感想、それぞれ取り組んでいる活動、まちづくりへの思いを、こもごも語っていただきました。

私の娘と高校で同級の女性が、「はだの 季和工房」の立ち上げの準備をしていました。「私が生まれ育った秦野の資産を生かした、美味しくて可愛いお菓子を提供したい・・・」

若い世代に、まちづくりへの思いが伝わっていることを実感しました。この日は「果汁100%手絞りフレッシュゼリー」のサンプルを持参、試食させていただきました。みずみずしくて濃厚なミカンのゼリーは本物の味わいでした。

子ども連れの若い男性の話から、小学校の新1年生の同じクラスに孫がいるという男性も。参加者のトークによって、この日の参加者同士の思いがけない関わりが明らかになったりしました。

「動かなければ出会えない、出会わなければ語れない、語らわなければ伝わらない」という当たり前のことを考えさせてくれた1日でした。

|

« 軽井沢レイクガーデンで大野耕生さんと再会の巡り合わせ | トップページ | 伊勢治書店で「かながわ自費出版の会」ブックフェア開催 »

見て歩き・まちづくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十嵐商店でハダノワ「コンサート&まちネタ交流会」開催:

« 軽井沢レイクガーデンで大野耕生さんと再会の巡り合わせ | トップページ | 伊勢治書店で「かながわ自費出版の会」ブックフェア開催 »