« 生きるエネルギーを実感、句集「風に舞ふ」の本づくり | トップページ | TBSドラマ「遠い約束」(8月25日放映)の原作者・増田昭一さん »

TBS”終戦69年”ドラマ「遠い約束~星になったこどもたち~」

2014年8月25日(月)夜9時から、TBSテレビで”終戦69年”ドラマ特別企画「遠い約束~星になったこどもたち~」が放映されます。

TBSの「テレビ未来遺産」、次の放送は8月。増田昭一さんの戦争孤児たちの物語3部作(夢工房刊)を原作にした脚本によります。

松山ケンイチさんがTBSドラマ初主演! 共演は二階堂ふみさんはじめ、ご覧のような豪華キャストです。

松山ケンイチ 二階堂ふみ  加藤清史郎 山田望叶 ○ 深田恭子 ○ 伊藤かずえ 柄本時生 前田吟 笹野高史  宝田明 椎名桔平

原作の増田昭一さんの著作は以下の3冊です。満州の星くずと散った子供たちの遺書(本体1500円+税)約 束(本体1500円+税) 戦場のサブちゃんとゴン(本体1800円+税) 〈いずれも夢工房 発行〉

現在、”終戦69年”ドラマは撮影の真っ最中。先日、撮影現場にお邪魔しました。

Dsc_00152

Dsc_00462

リリースには次のような紹介文が記されていました。

       *     *    *

戦争が終わってから始まった悲劇があった──。

それは、広島原爆の犠牲者数約14万人を超える、24万5000人を失った満州の難民収容所。そこで懸命に生きる孤児たちの姿を実体験に基づいた増田昭一作「満州の星くずと散った子供たちの遺書」「戦場のサブちゃんとゴン」「約束」(夢工房 刊)をドラマ化。

氷点下20度という寒さの中、食べるものなく、頼る親もなく、肩を寄せ合って懸命に生きた子どもたち。 これは、もうひとつの「火垂るの墓」とも言える、涙なくしては見られない、戦時下の子どもたちと、それを見守る大人たちの「命」の物語だ。

     *    *    * 

生きて日本に帰ることが出来なかったおびただしい数の戦争孤児たちの無念と、真実の叫び声。懸命に助け合って生き、ついに星となった子どもたち。

「生きた証をのこして!」という子どもたちとの約束を果たすために増田さんは、慟哭の思いでペンを握りました。

子どもたちの思いと増田さんのメッセージが、深く広く人びとに伝わるように祈るばかりです。

|

« 生きるエネルギーを実感、句集「風に舞ふ」の本づくり | トップページ | TBSドラマ「遠い約束」(8月25日放映)の原作者・増田昭一さん »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/60011416

この記事へのトラックバック一覧です: TBS”終戦69年”ドラマ「遠い約束~星になったこどもたち~」:

« 生きるエネルギーを実感、句集「風に舞ふ」の本づくり | トップページ | TBSドラマ「遠い約束」(8月25日放映)の原作者・増田昭一さん »