« ドラマ「遠い約束」の反響と発信 | トップページ | 松山ケンイチさんのインタビュー記事、「遠い約束」HPにアップ »

増田昭一さん原作のドラマ「遠い約束」の記事が「神静民報」に掲載

神奈川県西地域の地元紙「神静民報」の2014年8月21日付紙面に、増田昭一さん原作のTBSドラマ「遠い約束」が大きく取り上げられました。

本づくりでお世話になっている小田原のアルファ・大島さんが記事のコピーを届けてくださいました。ドラマのことを気にかかけていただいている周囲の方々に感謝です。

20148212

7月31日にTBS緑山スタジオで主演の松山ケンイチさんや、出演者の深田恭子さん、加藤清史郎さんらと対面した増田昭一さんを、神静民報の記者は次のように書きました。

「撮影現場を訪ね、俳優たちの迫真の演技と誠実な人柄に触れた。どんなドラマに仕上がっているか、万感の思いとともに放送を待っている」

「戦争へ行くのは大人の兵隊だが、その陰では罪もない子供たちが悲惨な目に遭い、死と向き合わされる。

その残酷さを身をもって体験した増田さんは、「戦争は絶対にやってはならないことだ」と訴える。そうしたメッセージも、ドラマを通じて伝わればと願う」

「あの子たちの生きた証が伝わるならば」と「遠い約束」のドラマ化を受け入れた増田さんのメッセージは、おおぜいの視聴者に伝わるはずです。

|

« ドラマ「遠い約束」の反響と発信 | トップページ | 松山ケンイチさんのインタビュー記事、「遠い約束」HPにアップ »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増田昭一さん原作のドラマ「遠い約束」の記事が「神静民報」に掲載:

« ドラマ「遠い約束」の反響と発信 | トップページ | 松山ケンイチさんのインタビュー記事、「遠い約束」HPにアップ »