« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

明日から本の街「神保町ブックフェスティバル」開催

お天気の具合があまりよくないのですが、明日11月1日から3日間、本の街・神田「神保町ブックフェスティバル」が開催されます。首都圏出版人懇談会は、例年通り、2つのワゴンで、1日(土)、2日(日)の2日間、出店します。

東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城、それに会津若松を拠点に永年取り組んでいる地域出版社が、こだわりの地域本を、「ちょっと汚れていますが、50%オフ!!」で提供します。

本好きの人には堪らない、恒例のブックフェアです。紙の本や文具だけではなく、ずらりと並んだワゴンの間には飲食のコーナーもあり、親子連れや夫婦連れ、若いカップル、お一人様など、身動きもままならないほどの盛況になります。

Dscn2504

この写真は昨年のフェスティバルのものですが、売り子も、本好きも一緒になって、まつりを楽しんでいました。

どうぞお出かけください。天気が良くなりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一二三四と 航跡呑むや 富士茜

小田原への行き帰り、大井町の田んぼの中を酒匂川と並行する道路の西には、足柄の山々を遠望する田園風景が広がります。この日の帰り道、すでに陽は落ちて茜の空が広がっていました。

Dscn31262

車を脇道に寄せて、しばし夕景を楽しみました。茜に染まる空に富士山のシルエットが浮かび上がっています。わずかな間に、白く輝く航跡が富士山に吸い込まれるように幾筋も浮かびました。

Dscn31342

そこで思わず一句。

一二三四(ひふみよ)と 航跡呑むや 富士茜

お後がよろしいようで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘法山に昇る朝陽に出会う

秋深まり、夜ふかしの翌朝、弘法山に昇る朝陽に浴しました。

Dscn31062

今朝の室温は14度。日中の太陽の暖かさが恋しい季節です。

Dscn31162

朝の光を浴びるスイセンの緑。

Dscn31112

柿の葉っぱは赤く染まり、青空に映えます。昨年の大豊作の翌年、我が家の柿は不作の年? 道路に張り出した枝をばっさり剪定した影響もあるのでしょうか。1個も実りませんでした。

Dscn31182

ムクゲもそろそろ黄葉。

丹沢の山の上から紅葉は走るように下り、山ろくは間もなく秋一色に・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドラマ「遠い約束」」が平和祈念展示資料館で上映されます

ドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一/夢工房刊)が、文化庁のこの秋の芸術祭参加作品になったこと、再放送(11月24日)が決まったことはすでにお知らせしましたが、平和祈念展示資料館(新宿住友ビル48階)でも、上映されることが決まりました。

8月25日のTBSのドラマ上映の後の大きな反響を受けて、学芸員の加藤つむぎさんからご連絡をいただき、TBSと調整していただいていました。10月28日から始まる資料館の企画展「カメラがとらえた引揚げと子どもたち」の期間中(~2015年1月25日)に2回、ドラマ「遠い約束」が上映されます。

201410272

201410272_2

12月20日(土)、翌年1月17日(土)のいずれも午後2時から約120分の上映です。参加無料、予約不要です。どうぞお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小糠雨にぬれるバラの花一輪

朝起きると、小糠のような雨が降っています。出窓越しに小さなバラの蕾が3つ4つ。

Dscn29822

クリーム色の小さなバラの花が一輪、雨に濡れていました。

Dscn29832

寒空の下、バラの蕾のまわりにホットな空間が漂いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢の自然の恵みのおすそ分け、天然ナメコの到来物

丹沢山麓は終日雨。肌寒い、冬のような一日でした。里山も丹沢の山々も雨の彼方に霞んで見えません。

夜になって、丹沢札掛の主から、天然ナメコが届きました。

Dscn29782

Dscn29862

肉厚の天然ナメコ、大根おろしと和えたり、みそ汁に入れたら美味しそう!

いつも気にかけていただいてありがたいことです。丹沢の自然の恵みのおすそ分けに感謝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開成町「地域リーダー育成研修会」で広報誌づくりの講演

日曜日の午後、開成町民センターにおいて開催された「地域リーダー育成研修会」で、「広報誌づくり」の講師を務めました。

自治会役員の方や町民を対象にした全3回の研修会の第2回で、私の前には、ひらつか防災まちづくり会代表の篠原憲一さん他が「地域の防災活動を共に育む」と題した講演を行いました。

篠原さんとは、平塚の防災まちづくりの集いで何回かお目にかかっていました。講演の後半をお聞きし、終わった後にご挨拶することができました。4~5年ぶりの再会です。

この日は、開成町内にある神奈川県の足柄上合同庁舎で、富士山噴火を想定した合同防災訓練が行われていました。開成町長の府川裕一さんも町民センターに駆けつけていただき、研修会に参加いただきました。

私のタイトルは、「ふるさとの宝物に出会う、伝える! ~楽しい広報誌づくりのポイント~」。1時間20分の持ち時間で、楽しい広報誌づくりのポイントをお話ししました。

Dscn29752

Dscn29742

一つでも何かお土産を持ち帰っていただければと、日ごろ感じている広報誌づくりのエッセンスをお話ししました。

質疑応答の後に、ブログに掲載する写真を撮らせていただきました。写真・肖像権の話しも出ていて、参加のみなさんには快く了解していただきました。

本来であれば、実習の時間を取り、一人ひとりの広報誌づくりのお手伝いをしたいところですが、叶いません。

番外編として、1週間ほどの間に手づくりした広報誌をお寄せいただいた方の紙面づくりにコメントさせていただくことにしました。果たして何人の方からお寄せいただけるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢自然塾「山ろくウォーク&歴史講座」開催

秋晴れの土曜日、丹沢自然塾「山ろくウォーク&歴史講座」を開催しました。

Dscn25632

この日の朝、秦野駅前は、ヤビツ峠行きの臨時バスを待つ登山者でいっぱい。

Dscn26022

名古木の棚田の原に集合したメンバーは、一つ沢筋違いの玉伝寺に向かいました。地元の関野光治さんの案内で、玉伝寺のご住職にお話を聞くことができました。創建はおよそ500年前の長い歴史を持つ曹洞宗のお寺です。

Dscn26182

Dscn27052

いつも名古木の棚田に向かって歩いている見逃しがちな道すがらにも、貴重な地域の文化財がありました。まほら秦野みちしるべの会会長の横山信子さんが、この日の案内役。馬頭観音の解説です。

「地域の生活文化を知ることで、地域への愛着が深まり、地域をよりよくしていこうとする思いが深まります」という、横山さんの思いが伝わります。

Dscn27032_2

本日の最高地点、善波峠・矢倉沢往還の切り通しで記念撮影。

Dscn27392

名古木地区をぐるりと散策しました。稲刈りの終わった田んぼには、「わら干し」の風景が広がっていました。

Dscn27492

Dscn27812

午後は、名古木在住の早田旅人さんの、名古木会館での、あっという間の1時間半の講演「近代西相模・秦野の報徳運動の歩みから報徳運動の現代的な意味を探る」でした。

丹沢ドン会が活動させていただいている名古木にも、近代における報徳運動・名古木支社がありました。

自助・共助・公助、とりわけ「公助」=協働の現代的な意味が深く問われていること、報徳運動・思想が、NPO法人自然塾丹沢ドン会活動とつながっていることを実感させる貴重な講演でした。

本日の案内役・講演者である、いずれも名古木在住の横山さん、関野さん、早田さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一/夢工房刊)芸術祭参加作品に

TBSドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一/夢工房刊)が、芸術祭参加作品になりました。それに伴い、ドラマの再放送が決まりました。

11月24日(月・祝日)13時55分からドラマの再放送です。

Dscn25512

平成26年度の第69回「文化庁芸術祭」にTBSのドラマを代表しての参加です。プロデューサー・鈴木早苗さんのコメントがHPに載っています。

「視聴者のみなさんから多数の反響をいただき、スタッフ、キャスト共々感激していたところ、今年のTBSの芸術祭参加作品として出品することが決まり、身が引き締まる思いです。ひとりでも多くの方にご覧いただき、何かを感じていただけたら幸いです」

ドラマ「遠い約束」の放映は8月25日でした。放映後の視聴者からの大きな反響と、再放送をしてほしいという願いが今回の芸術祭参加につながりました。

Dscn25532

すでに「遠い約束」のDVD化も決まり、12月26日発売予定で、先行予約も受け付けています。

1回限りの放映にとどまらず、新たな展開を見せ始めたドラマ「遠い約束」。原作の増田昭一さんと喜びをかみしめています。

一人でも多くの方々に再放送を見ていただきたいと思います。そして一人でも多くの方々に原作に触れていただきたいと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深まる秋空に白き富士映える

資源物のゴミ収集日。カン・ビン・段ボールなどのリサイクル用の資源ごみを収集場所に持って行きました。ついでに少し足をのばして富士山のビューポイントに向かいました。

Dscn25392

ビューポイントの周辺の木は年々成長します。場所を少し移してもカメラの枠にどうしても入ります。

雲がたなびくその上に白い稜線が広がる姿はいつ見てもほれぼれします。世界自然遺産になった富士山ですが、見るのはいいとしても、どうしても登る気はならないのはなぜでしょうか?

Dscn25402

空を見上げるとヘリコプターが西に向かって飛行していました。御嶽山の捜索がつづいているのに思いを馳せます。

Dscn25432

路傍のほうき草が朝陽に輝いていました。写真を撮ろうとして身構えていると、民家の庭から「おはようございます!」と声が掛かりました。ふり返って「おはようございます!」と笑顔を返しました。

ゴミ出し担当のすがすがしい朝の一コマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風19号一過、開成・小田原・二宮へ

天気予報の前宣伝とは違って台風19号は、丹沢山ろくにわずかな雨と風をもたらして夜半に通り過ぎました。翌朝は台風一過の青空が広がりました。

Dscn25132

Dscn25232

午後からは、開成・小田原・二宮とめぐりました。車外の気温は28度に。夏のような気温の中、車を走らせました。

19日に開かれる「広報誌づくり」講座のパワーポイント用USBを持参し、町の担当者と打ち合わせ。小田原では書店に納本、印刷会社に立ち寄り原稿を手渡しました。

最後に、二宮へと回り私用を済ませて帰るころには西の空に陽が傾きました。

スーパー台風と言われた19号、日本列島を縦断して東の海に去りました。自然のなせる猛威に翻弄された秋でした。少しはその自然に学ぶことができたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川新聞「かながわの本」欄に「茅ヶ崎歴史快道」紹介

2014年10月12日(日)付の神奈川新聞文化面「かながわの本」欄に、楊井一滋さんの「茅ヶ崎歴史快道」(夢工房刊)が紹介されました。

20141012

相模原市在住の著者が、何故に茅ヶ崎に通い詰めたのか。地域に伝わる庶民の歴史の秘密の扉を開き、土地の人びとからそのエッセンス聞き取る力技に驚きます。

言葉がつむいだ現代の庶民の歩みは、やがて地域の歴史のかけがえのない1ページであることを知る著者の思いが、この本に溢れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立目白クラブで「元気に百歳」№15出版記念会

JR山手線目白駅から徒歩7~8分の日立目白クラブで、「元気に百歳」№15の出版記念会が開かれました。

1520141011_00012

15周年記念号のメインテーマは「伝える」。75名の寄稿者が、それぞれの「伝える」を表現しました。ページ数も通常号より増え、A5判326ページに。9月下旬には寄稿者・会員に一斉に本を発送し、事前に手にしていただきました。

当日は、少し時間があったので、駅近くの書店に入り、文庫本、新書本を数冊買って会場に向かいました。途中、道の真ん中に大きなケヤキの木が。

Dscn24152

Dscn24142

旧近衛邸のケヤキです。「樹齢100年を超えるキヤキの大木で、近衛家屋敷の車廻しにあったと伝えられる。地域の要望により残された」と銘板にあり、新宿区の地域文化財に指定されています。

道路は直線にするという常識を覆して、歴史あるケヤキを残すために木のまわりで道路は円を描いています。地域のまちづくりへの思いが伝わりました。

Dscn24232

この日の参加者は90名余り。中西成美代表のあいさつで記念会がスタート。

Dscn24312

記念講演は、NHKの元番組ディレクター・解説委員の髙柳雄一さん。「共に生きる宇宙」と題したお話です。

よどみないお話の中に、「宇宙は生命が夢を見る場所」との名言がでました。

Dscn24512

出版・編集のチームリーダー・筒井さんがメンバーを紹介しました。筒井さん、森田さんをはじめとした編集担当のチームワークは抜群。充実した15周年記念誌となりました。

Dscn24692

邦楽ユニット「あさきゆめみし」の生演奏にこころが洗われました。3人は東京芸術大学音楽部邦楽科の同期生で、相模原市内に在住というご縁。

「いい音楽を奏で、魅力ある邦楽を身近に親しんでもらいたい」との思いから2003年にグループを結成し、新しい邦楽の可能性を求めてさまざまな活動を展開しています。1stオリジナルCD「あさきゆめみし」を買って来ました。

「元気に百歳」クラブは、年1回、本を編集・発行する以外にも、さまざまなサロン活動を行っています。パソコン、エッセイ、俳句教室など、会員が得意とするテーマで学び合い、元気で活動することが最高のボランティアであると、会員同士の交流を深め、その暮らし方、生き方を社会に発信しています。

Dscn25002

会場から駅に向かう時、西の空はあかね色に染まっていました。

年齢をものともしないシニア世代のはつらつとした活動は刺激的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホトトギス咲き誇り、野菊のつぼみ固い庭の秋

10月10日は例年、元気に百歳クラブの例会が東京で開催されます。今年はクラブ創設15周年記念。出かける前に、庭に出てみました。

Dscn24032

ホトトギスが、いまを盛りと咲き誇っています。

Dscn24092

近くに生えている野菊のつぼみは、まだ固いまま。

Dscn24002

ミカンはこんなに大きく育ちました。

秋深まり、季節の移り変わりを映してくれる庭の花たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷区立尾山台図書館こども室から嬉しい便り

TBSドラマ「遠い約束」(原作 増田昭一/夢工房刊)の放映後、世田谷区にある尾山台図書館こども室の島田さんから連絡をいただきました。

所蔵している絵本「ともちゃんのおへそ」の記事を、こども室が発行しているこども新聞「しったくらぶ」に掲載させてほしいというのです。

「ともちゃんのおへそ」(増田昭一・原作、杉山春・文、みねだとしゆき・絵、夢工房刊)は、ドラマの原作3部作のうちの最初の本「満州の星くずと散った子供たちの遺書」の一節を絵本にしたもの。

ドラマの中でも母親役を深田恭子さんが、ともちゃん役を五十嵐陽向さんが演じていました。

一も二もなく「どうぞ掲載してください。ただ、掲載紙を1部お送りください」とお願いしました。

先日、その掲載紙「しったくらぶ 10・11月秋のはじまりとく大ごう」が送られてきました。

20141062
220141062
添え書きには、「この『しったくらぶ』は、図書館に来館された方だけではなく、尾山台図書館の近隣の小学校1~3年生にも学校で配布しております。それを見て本をかりに来てくれる子どももおり、新聞を見ていろんな本に興味をもってくれればと思いながらつくっています」とありました。

読書の秋に、尾山台図書館から一陣の風に乗ってうれしい便りが、舞い降りてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★くんの南小学校で大運動会

土曜日、秦野市内の小学校はいずこも(?)秋の大運動会。★くんの通っている南小学校へ9時少し前に☆ちゃんたちと一緒に応援に出かけました。

Dsc_00312

Dscn23602

Dscn23562

おおぜいのママ・パパ、家族づれが、子どもたちの競技や演技に声援を送っています。

グラウンドの真ん中にある樹齢百数十年の桜の木。そのまわりで演じられる1年生から6年生の熱戦におおぜいの参加者の視線が釘付けです。

高学年の子どもたちは、運動会の運営の役割をてきぱきと進めています。学校生活の中で大きく成長している姿を見せています。

Dsc_00322

午前の演目が終わり、グラウンドや体育館で、それぞれの家族が子どもたちと一緒に昼食をとりました。

ママがつくったお昼の弁当を私は★くん、☆ちゃんたちと一緒に食べて会場を後にし、次の集まりに向かいました。

元気な子どもたちの未来が、健やかで暮らしやすい社会であるように願いつつ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋深まり、青空にうろこ雲浮かぶ

季節は流れ、いつの間にか空に浮かぶ雲の姿も変わりました。

Dscn23232

朝、東の空にうろこ雲が浮かびました。

Dscn23212

Dscn23342

Dscn23312

秋の雲の姿4態。時間を置いて空を見上げると、雲はさまざまにその姿を変えています。

「雲はいいなあ! 自由に空を泳いで、変幻万化、その姿を変えて…」

と少年のような(?)思いに駆られながらも、御嶽山のあの黒い噴煙の猛威へと想像はつながります。

47名の命が失われ、行方不明の方々がいまだに20名ほどもあると報道されています。救助・捜索活動に携わる人びとの姿も厚い噴煙の中にあります。

自然の美しさを求めてやまない人間と、その自然の猛威は隣りあわせ。

誰を恨むこともできませんが、科学技術の進歩は、一人ひとりの人間の命の重さを少しでも支えるためにあってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一/夢工房刊)がDVDに

8月25日に放映された、TBSテレビ未来遺産"終戦69年"特別企画ドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一/夢工房刊)のDVD化が決まりました。

1回だけの放映に終わらず、DVDになることで、さらに多くの人びとにこのドラマを視聴していただく機会ができました。原作の発行元としてもうれしい限りです。

Dvd2

TBSの映像事業部の担当者からパッケージデザインが送られてきました。

発売は12月ですが、すでに先行予約の受付をTBSのインターネットショップで始めています。

未だこのドラマをご覧になっていない方は、ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »