« 鬼の霍乱、新年早々の風邪、ようやく癒える | トップページ | ぽかぽか陽気の丹沢山ろく名古木の棚田へ★くん☆ちゃんと »

東京新聞に増田昭一さんの「孤児たちを語り継ぐ」記事掲載

2015年1月6日付の東京新聞「戦後70年かながわ・平和って」のシリーズ№5に増田昭一さんの記事が掲載されました。

「孤児たちを語り継ぐ」と題した記事の執筆は西岡聖雄記者。

20151172

昨年12月に西岡記者より夢工房に取材の申し込みがありました。増田さんの自宅に取材に行ってもらい、ていねいな記事に仕上げていただきました。

増田さんにとって「平和」とは・・・

「三食食べられて、家の温かい布団で寝られること。平凡な生活を送れること。」

戦争は、一人ひとりの当たり前の日常生活や平凡な人生を根底から破壊します。一人の裸の王様によって戦争という閉塞社会が再来されないよう願うばかりです。

昨年夏にTBS系列で放映されたテレビドラマ「遠い約束~星になったこどもたち~」(原作増田昭一/夢工房刊)のDVDもすでに発売中です。

生きて日本に帰ることが叶わなかった戦争孤児たちの思いを伝えつづける増田さんのメッセージ。書籍・テレビドラマ・新聞記事というさまざまなな情報発信の媒体により、多くの日本人に、これからの世界を担う子どもたちに、しっかりと伝わることを願っています。

|

« 鬼の霍乱、新年早々の風邪、ようやく癒える | トップページ | ぽかぽか陽気の丹沢山ろく名古木の棚田へ★くん☆ちゃんと »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞に増田昭一さんの「孤児たちを語り継ぐ」記事掲載:

« 鬼の霍乱、新年早々の風邪、ようやく癒える | トップページ | ぽかぽか陽気の丹沢山ろく名古木の棚田へ★くん☆ちゃんと »