« 花粉舞い、春のまえぶれフキノトウと梅の花 | トップページ | 丹沢ドン会の「里山ミーティング」 »

戦後70年、本づくりの原点に

小田原市在住のHさん宅へ伺ったのは3回目。前回、お預かりしたHさんのエンピツ書きの直筆原稿は、超難読の古文書を解読するかのよう。この日は、パソコンで入力した原稿をお届けしました。

Dscn85052

娘さんの至れり尽くせりの支援を受けながら、Hさんは、ご自身の生きた証しを1冊の本にまとめたいと取り組んでおられます。テーマはシベリア抑留の自らの体験と帰還。

日常を楽しみながら、Hさんのマイペースの本づくりはしばらく続きます。

お二人に寄り添いながら、私も本づくりの原点に立ち返る機会を与えていただいた思いです。

|

« 花粉舞い、春のまえぶれフキノトウと梅の花 | トップページ | 丹沢ドン会の「里山ミーティング」 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/61206766

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年、本づくりの原点に:

« 花粉舞い、春のまえぶれフキノトウと梅の花 | トップページ | 丹沢ドン会の「里山ミーティング」 »