« シリーズ「戦争孤児」(汐文社)にドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一 夢工房刊)掲載 | トップページ | 朝日・神奈川新聞に「2015年丹沢自然塾」募集記事掲載 »

秦野「里山まつり」に丹沢ドン会のパネル展示

2015年3月22日(日)は朝からポカポカ陽気、秦野「里山まつり」が、秦野市中央運動公園の噴水広場周辺で開催されました。NPO法人自然塾丹沢ドン会はパネル展示の参加です。

Dscn87002

当日8時前から丹沢ドン会の女性メンバー3名がパネルの展示作業。写真を中心にドン会の活動をアピール。併せて、2015年「丹沢自然塾」の塾生募集のチラシ200枚を用意しました。

Dscn87202

開会式の前には、古谷義幸秦野市長も会場を巡廻。丹沢ドン会のパネルの前で足を止め、ひとしきり懇談されました。

Dscn87492

Dscn87432

親子連れ、シニア世代など、さまざまな年代の方々にドン会の活動をご覧いただきました。

Dscn87092

お隣の「里地・里山フォトコンテスト」の作品展示コーナーでは、市民が撮影したドン会のフィールドにおける活動写真4点が展示され、ひときわ輝いて? 見えました。ちなみに上の写真の左側上下2枚がそれです。

Dscn87162

Dscn87342

会場では、焼きそば・焼き鳥・綿菓子などの出店、シイタケのほだぎの植菌・丸太切り・木工工作体験コーナーもあり、親子連れで賑わいました。

行き交う人の中には、森林づくり課のOB担当者、県議会議員、秦野市議会議員の方々、神奈川県の農政担当の方など多数おられました。秦野のまちづくりにとって里地・里山が一つの柱であることを実感。

何しろ、秦野市内には里地・里山の保全活動団体が30余りも存在するのです。丹沢ドン会もその一つですが、活動歴24年は、その中のトップランナーでもあります。

ドン会の用意した「丹沢自然塾」塾生募集のチラシは、午前中にほぼなくなり、急きょ100枚追加。それも3時の終了時間には2枚を残すのみ。ドン会の里地・里山の保全活動を広く市民のみなさんに知っていただく良い機会となりました。

|

« シリーズ「戦争孤児」(汐文社)にドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一 夢工房刊)掲載 | トップページ | 朝日・神奈川新聞に「2015年丹沢自然塾」募集記事掲載 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野「里山まつり」に丹沢ドン会のパネル展示:

« シリーズ「戦争孤児」(汐文社)にドラマ「遠い約束」(原作:増田昭一 夢工房刊)掲載 | トップページ | 朝日・神奈川新聞に「2015年丹沢自然塾」募集記事掲載 »