« 丹沢ドン会の「里山ミーティング」 | トップページ | 藻谷浩介さんの講演「時代の先端は里山にあり」を聞く »

夜の会フォーラム「猫はなぜ化けるのか?」の話者は加藤三朗さん

土曜午後のNPO法人自然塾丹沢ドン会の「里山ミーティング」を終え、小田急線で小田原へ。夕方からは、夜の会フォーラム第121回例会へ参加しました。

Dscn85532

会場の小田原・お堀端通り、二区公民館に向かう途中、さまざまな色や形の風船が空に浮かんでいました。

Dscn85622

Dscn85542

この日のテーマは、「猫はなぜ化けるのか? 再々考」、スピーチは詩人の加藤三朗さん。動物が「化けるのはなぜか」、「化けるとはどういうことか」から解き明かしました。

動物が化けるのは、蛇・キツネ・狸・ツルなど里山の動物。家畜や奥山の動物は化けない。奥山の動物は近年、頻繁に里山に出現する。

猫が家畜だというのは仮の姿で、人間と生活圏が重なっているだけ。猫は、自然界から送り込まれたメッセンジャーで、里山の動物に代わってその役割を果たす、人間の環境破壊の見張り役ではないか、と加藤さんは語りました。

愛猫を相次いで2匹失った加藤さん。「化けてでも、出てきて、人間の自然環境破壊に対して警告を発してほしい」という願いの表れが、この日のテーマになったのでしょう・・・。

全国いたるところで環境破壊の限りを尽くしている人間。耕作放棄された里地・里山は、荒れ放題です。猫ならずとも、環境破壊の原因をつくり出している人間を騙したくもなるというものでしょう。

|

« 丹沢ドン会の「里山ミーティング」 | トップページ | 藻谷浩介さんの講演「時代の先端は里山にあり」を聞く »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/61223882

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の会フォーラム「猫はなぜ化けるのか?」の話者は加藤三朗さん:

« 丹沢ドン会の「里山ミーティング」 | トップページ | 藻谷浩介さんの講演「時代の先端は里山にあり」を聞く »