« 米百一俵の会で根津「車屋」の花びら酒 | トップページ | 行きつ戻りつ春の色鮮やかに »

春霞ただよい丹沢山麓は桜満開

外に出たついでに、秦野市内の桜の名所を車で一走り。表丹沢は春霞ただよい、身近なところで満開の桜を愛でました。

県道秦野・二宮線の西大竹から西に向かう県道62号線、国道246を突っ切って平沢工業団地・日立製作所・桜土手を通り、県道706号を平和橋南で右折。水無川沿いに富士見大橋まで。

秦野に越して30年。移り住んだころは、まだ幼かった桜並木の木々たちも大きく枝を広げ、大人の並木に成長しました。ところどころ不連続なか所もありますが、延々と続く桜並木は、先人たちが今を見越して計画的に植樹したのでしょうか。

秦野市は、県道62号線の道路沿いの桜並木の愛称を募集、「秦野さくら道」と決まったばかり。秦野の桜を大いに売り出そうとしています。

水無川の中央運動公園に沿った河川敷では、大きく張り出した桜の花の下を家族連れがそぞろ歩き、中にはシートを敷いて花見の宴を張るグループも…。

Dscn89392

Dscn89432

分かれと出会いの桜の季節。一人ひとりの新たな一歩を踏み出しましょう。

|

« 米百一俵の会で根津「車屋」の花びら酒 | トップページ | 行きつ戻りつ春の色鮮やかに »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春霞ただよい丹沢山麓は桜満開:

« 米百一俵の会で根津「車屋」の花びら酒 | トップページ | 行きつ戻りつ春の色鮮やかに »