« 梅雨入りか、アジサイの花潤う | トップページ | 首都圏出版人懇談会で手賀沼周遊と文学散歩 »

我孫子・割烹旅館「角松」で首都圏出版人懇談会総会を開催

1都7県のそれぞれの地域に根差した地域出版社で構成する「首都圏出版人懇談会」の2015年定例総会を千葉県我孫子市で開催しました。会場は、明治天皇が宿泊したこともある歴史の宿、割烹旅館「我孫子角松本店」。

Dscn99402

Dscn99392

入口には、柘榴の古木が赤い花を咲かせ、大輪のアジサイが楚々として首都懇のメンバーを迎えてくれました。

Dscn98492

Dscn98472

到着早々に総会です。開催県の担当幹事は、崙書房・小林さん、たけしま出版・竹島さんのお二人。昨年度の事業報告・決算報告、今年度の事業計画が話し合われました。

出口の見えない出版不況の中で、各版元は悪戦苦闘し、創意工夫を凝らして地域での出版文化活動を継続しています。加熱するインターネット社会の中にあっても紙の本は独自の存在感を示しつづけています。

思考の原点である言葉を重ねることで紙の本はつくられ、読者は本によって新たな世界に足を踏み入れ、逍遥します。

地域には独自の自然・歴史・生活文化が息づき、地域出版はその息吹を掬い上げて本にします。著者も読者も地域に生活し、編集者・著者・読者がゆるやかで濃密な循環をつくり上げています。

Dscn98632

Dscn98872

総会の後は、一風呂浴びて懇親会。割烹旅館ならではの繊細で優しい料理が供され、新潟の酒、越州と緑川の冷酒をいただきました。

Dscn98912

地域出版の先輩たちには赤いバラの花のプレゼント。宴の後は部屋に戻って2次会と相成りました。

翌日の手賀沼散策は改めて。

|

« 梅雨入りか、アジサイの花潤う | トップページ | 首都圏出版人懇談会で手賀沼周遊と文学散歩 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子・割烹旅館「角松」で首都圏出版人懇談会総会を開催:

« 梅雨入りか、アジサイの花潤う | トップページ | 首都圏出版人懇談会で手賀沼周遊と文学散歩 »