« 戦後70年、「戦争の悲惨、平和の大切さ」を伝える夏 | トップページ | 戦後70年の夏、井上弘さん「知られざる小田原地方の戦争」発刊 »

小田原でTBSドラマ「遠い約束~星になったこどもたち」のDVD上映会

7月25日(土)午後、小田原市生涯学習センターけやきで、TBSドラマ「遠い約束~星になったこどもたち」のDVDの上映会が開かれました。主催は神静民報社、後援:小田原市・小田原市教育委員会、協力:TBSテレビ・夢工房。

地域の日刊紙「神静民報」創刊70周年記念企画のDVD上映会です。田中一之代表取締役のあいさつに続き、加藤憲一小田原市長が来賓のあいさつをされました。

Dscn12042

「ドラマの原作の夢工房の3冊の本を読むまでは、生きて帰ることができなかった戦争孤児たちのことは知りませんでした。このドラマは戦争の実態を私たちに伝え、平和の大切さを考えさせてくれます。小田原市は平和教育の取り組みをさらに深めたいと思います」

Dscn12122

増田昭一さんも、ドラマづくりのエピソードと、これまで誰にも話せなかった難民収容所での孤児たちの暮らしを伝えてくれました。

Dscn12202_2

DVDの上映会に駆けつけた家族連れ。

Dscn11712

DVDの上映会を終えて一安心の神静民報社の田中社長と企画担当の木村さん。

Dscn12252

増田昭一さんは、満州からの引き揚げ体験のご婦人の話しをしっかりとお聞きになりました。

子どもたちとの約束を果たしつづける増田さん。8月1日は山梨県笛吹市で開催される「遠い約束」のDVDの上映会にご一緒します。

|

« 戦後70年、「戦争の悲惨、平和の大切さ」を伝える夏 | トップページ | 戦後70年の夏、井上弘さん「知られざる小田原地方の戦争」発刊 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原でTBSドラマ「遠い約束~星になったこどもたち」のDVD上映会:

« 戦後70年、「戦争の悲惨、平和の大切さ」を伝える夏 | トップページ | 戦後70年の夏、井上弘さん「知られざる小田原地方の戦争」発刊 »