« 井上弘さんの講演「小田原地方の戦争を記録し、伝える」開催 | トップページ | 丹沢自然塾「そばの種まき教室」に小・中学生ボランティアが参加 »

朝日新聞(8月15日)に井上弘著「知られざる小田原地方の戦争」記事掲載

戦後70年を迎えた8月15日の朝日新聞に、井上弘著「知られざる小田原地方の戦争」(夢工房刊、定価:本体1200円+税)の記事が掲載されました。
20158152
戦時下の小田原地方(二市八町)の銃後の戦争を記録しつづけている「戦時下の小田原地方を記録する会」の創立時からの事務局担当の井上弘さん。地域にこだわり、史実を掘り起こすことで見えてくる庶民の戦争体験を38年間に渡り記録し、伝えつづけるその手法は、「聞き取り」。
戦争体験の証言者は高齢化しするなかでも、体験者に寄り添い、戦争の実像を記録する長年にわたる会の活動は今後もつづきます。子どもたちや若い世代に同じ戦争の体験を味わわせないために。

|

« 井上弘さんの講演「小田原地方の戦争を記録し、伝える」開催 | トップページ | 丹沢自然塾「そばの種まき教室」に小・中学生ボランティアが参加 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞(8月15日)に井上弘著「知られざる小田原地方の戦争」記事掲載:

« 井上弘さんの講演「小田原地方の戦争を記録し、伝える」開催 | トップページ | 丹沢自然塾「そばの種まき教室」に小・中学生ボランティアが参加 »