« 関東北部に大雨の爪痕、丹沢山ろくに虹 | トップページ | 深まる秋、キンモクセイの花と香り »

丹沢ドン会の稲刈り

例年より少し早い2015年9月12日(土)、秦野市名古木の復元棚田で、NPO法人自然塾丹沢ドン会の稲刈りを行いました。
0732
0022
0042
0232
彼岸花、ツユクサ、 ワレモコウなど秋の草花が青い空の下に咲いていました。
この日は、丹沢自然塾「棚田の稲刈り教室」。自然塾生は、田んぼ担当の金田さんから稲刈りの手ほどき。
0312
0402
1832
刈った稲を束ねます。水に浸して柔らかくしたワラで結わえます。
0692
2192
竹林から切り出した竹を組んでハザをつくり、天日干しです。
0582
途中から、末広ふれあい館の学童たちが参加しました。
0762
0882
1052
金田さんの指導で初めての稲刈り。 最初はこわごわと、その内、子どもたちに笑顔が広がりました。
1322
午前の作業を終え、集合写真。
1422
1492
昼食には、ドン会特製のみそ汁を女性陣が用意しました。子どもたちは「スっごく美味しい!」と具だくさんのみそ汁をいただきました。
1652
昼食を終えた子どもたちは、感謝の気持ちを込めて、ドン会にプレゼント。ドン会からは、乾燥後の精米した米を届けることに。
「ありがとうございました!」の声を棚田に響かせて子どもたちは帰りました。
1982
1992
午後も稲刈りの作業はつづきます。大雨の影響で、田んぼはぬかるみ、作業はいつにもまして難儀です。3時過ぎにようやくこの日の作業を終えました。残りは来週。
お疲れ様~でした。

|

« 関東北部に大雨の爪痕、丹沢山ろくに虹 | トップページ | 深まる秋、キンモクセイの花と香り »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢ドン会の稲刈り:

« 関東北部に大雨の爪痕、丹沢山ろくに虹 | トップページ | 深まる秋、キンモクセイの花と香り »