« 春めく庭の花たち | トップページ | 名古木の桃源郷で2016年「丹沢自然塾」開講 »

ちょっといい話~神奈中バスの運転手さん

平日の夕方、編集仲間の会合が横浜でありました。最寄りのバス停から秦野駅に向う途中、「ジョイフルタウン」のバス停での出来事。
高齢のご婦人が荷物を抱えながらバスに乗り込もうとしています。ところがなかなかステップに足をかけることができません。買い物袋をステップに置き、ヨイショと乗ろうとするのですが、思うようにいきません。
その様子に私が腰を浮かせた途端、バスの運転手さんが、つかつかと「中乗り」のステップまでやって来て手伝ってくれました。ご婦人の後ろにいた50代と思われるご婦人も高齢のご婦人の体を支えて乗車を手助けしてくれました。高齢のご婦人は、無事に椅子に腰を下ろすことができました。
運転手さんは、バックミラーで乗車口の様子を見ていたのでしょう。素早い対応に少し驚くとともに安心しました。マニュアル通りであっても、フットワーク良く手助けしてくれた運転手さん。と同時にご婦人に一人で拍手を送りました。
ちなみに、神奈中バスの運転手さんは、「S 一郎さん」でした。
0352
0022
春を告げる土筆やスミレの花を見た時のように、ほのぼのとした気持ちで横浜へ向かうことができました。

|

« 春めく庭の花たち | トップページ | 名古木の桃源郷で2016年「丹沢自然塾」開講 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっといい話~神奈中バスの運転手さん:

« 春めく庭の花たち | トップページ | 名古木の桃源郷で2016年「丹沢自然塾」開講 »