« 武勝美著『道祖神ワンダーワールド 2016』の記事が「タウンニュース」に | トップページ | 名古木の棚田で「田んぼの野草探し&摘み草料理教室」開催 »

今年もまた軽井沢レイクガーデン・バラ園へ

6月に入ってから、ちらほら届くバラのたよりに誘われて、今年もやって来ました軽井沢レイクガーデン。
平日のこととて、バラの貴公子・大野耕生さんにお会いする可能性はありませんが、手入れの行き届いた広大なバラ園を連れ合いとゆっくり散策することができました。バラ好きの連れ合いへのささやかな感謝の気持ちを込めて…。
1322
雨上がりのバラ園、花びらにまどろんでいる水滴がきらりと輝きます。
0222
0292
まだ蕾が固そうなバラの花たち。
0142
1332
陽の光を浴びて、もうすぐバラの園はおびただしい花びらで埋め尽されることでしょう。
でも、軽井沢レイクガーデンの魅力はバラの花だけではありません。周到にレイアウトされた園内の散策路のあちらこちらに、宿根草などさまざまな花々や木々たちが出迎えてくれます。
1212
0362
0982
0912
0572
0862
0372
1062
1092
青空に向かってブルーの花びらを広げるケシの花。
「園内の花たちはそこで咲くから美しい。そこで鑑賞するから心が安らぐのです。間違っても持ち去ることの無いように…」とは、日々バラ園を手入れされているスタッフの願いでしょう。
1312
1242
花々にはハチが飛び交い、水の中にはメダカが泳いでいます。
0442
残念ながら今回、軽井沢レイクガーデンのバラの花たちは最盛期とはいきませんでしたが、また別の楽しみ方を体験できました。
空には白い双蝶が飛翔し、小さなその姿は目を凝らさないと見えません。でも確かにそこにいるのですね。

|

« 武勝美著『道祖神ワンダーワールド 2016』の記事が「タウンニュース」に | トップページ | 名古木の棚田で「田んぼの野草探し&摘み草料理教室」開催 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もまた軽井沢レイクガーデン・バラ園へ:

« 武勝美著『道祖神ワンダーワールド 2016』の記事が「タウンニュース」に | トップページ | 名古木の棚田で「田んぼの野草探し&摘み草料理教室」開催 »