« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年丹沢ドン会活動納め

NPO法人自然塾丹沢ドン会の2016年活動納めの会を12月24日(土)に行いました。この日の名古木の田んぼ。冬季湛水中です。
 
Dscn17192
 
午前中はいつもの通り、名古木の棚田で思い思いに田んぼや畑の手入れ。この日の私は畑の隣のササやぶを草払い機で刈り払う作業でした。
 
18093
18069
 
4~5メートルのササを刈り払うのはなかなかの作業。ときどき作業の手を休め、呼吸を整えながら仲間と一息つきます。
 
Dscn17222
Dscn17482
 
ササやぶを刈り払った部分は風通しが良くなり、風景が違って見えました。
 
Dscn17152
Dscn17262
Dscn17092
お昼は、持ち寄りの食材とお汁粉、みそ汁、焼き芋、お酒で2016年の活動納めの会。
ドン会のみなさん、自然塾生のみなさん、1年間お疲れさまでした! 
人と地域と自然に感謝です。ありがとうございました!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事掲載

2016年12月11日(日)の「読売新聞」神奈川版に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事が掲載されました。
201612112
さっそく読者の方からのご注文が入り始めました。
署名入りの記事の書き手は、厚木支局の中村良平記者。著者の思いをていねいに大きく取り上げていただきました。
自らの病に悩んだり、介護に携わる多くの人びとに、自らを鼓舞する勇気と家族の姿へのメッセージを伝える本です。ご一読いただいたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢自然塾「新そば体験教室」を雨岳文庫で開催

2016年12月10日(土)は朝から青空が広がる絶好のそば打ち日和。伊勢原市にある、登録指定有形文化財「雨岳文庫」山口家住宅で、NPO法人自然塾丹沢ドン会の丹沢自然塾「新そば・手打ち体験教室」を開催しました。
 
Dscn13682
Dscn13832
Dscn13792
 
記念撮影の後、この日の二人の講師のご挨拶と手順の説明。
 
Dscn14092
 
3人一組、5台のそば打ち台で、3回のそば打ち体験です。講師の指導の下に初めてのそばを打ちます。
 
Dscn15042
Dscn14992
Dscn14372
 
二八のそば粉を混ぜて、水を差し、こねて、のばして、切ります。
 
Dscn14572
 
細い、太いの不揃いも初めての体験ではご愛嬌。
 
Dscn14162
Dscn14612
Dscn14632
 
茹でて、氷を入れた冷水で流してザルに盛って、出来上がり。
 
Dscn14672
 
大根おろし、刻みネギ、ワサビの薬味を添えていただきま~す!
 
Dscn15322
Dscn14722_2
Dscn14912_2
 
ご当主の山口さんの奥さんとドン会女性陣による野菜天ぷらも美味。
 
ドン会の新そばは「挽き立て、打ち立て、茹で立て、香り立て」の四立て。茹で上がるそばからざるは空っぽに。
 
Dscn14902_2
 
Dscn14962_2
 
そばの他にもアツアツのおでん、焼き芋、焼きネギのもてなしも。ご当主の山口匡一さんは、焚火のそばで一休み。
 
Dscn15192_3
 
空き時間に前庭で中学生と相撲を取っているのは私。
 
Dscn15732_2
 
最後に二人の講師から講評をしていただきました。
 
ドン会のそば打ちは、8月下旬のそばの種まき、土寄せ、疎抜き、畑一面の白いそばの花を観賞し、刈り取り、天日干し、製粉とつづき、今日のそば打ちに至ります。他ではできない体験です。最初からうまい人はいません。今日のそばに味をしめて、何回でもそば打ちに挑戦してください。
 
Dscn15722_2
 
そばの種まきから参加した中学生たちは、「自分でつくったそばは美味しかった!来年もまた来ます」と笑顔で挨拶。
 
Dscn15712_2
 
大山山麓・雨岳文庫の庭に参加者の暖かい拍手が響きました。
 
Dscn15892_2
 
 
講師の方々、ドン会のスタッフたちが新そばを味わったのはその後のことでした。
お疲れさまでした! ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中高一貫校の科学部の生徒さんが名古木の棚田で自然観察

2016年12月3日(土)、神奈川県立平塚中等教育学校の科学部生物班の生徒11名がご縁があって名古木の棚田へバスを乗り継いでやって来ました。
 
丹沢ドン会のこれまでの活動や、生物多様性の再生・保全の取り組みを紹介し、さっそく生徒たちは自然観察に。
 
Dscn11432_2
Dscn11982
 
生徒たちは、タイコウチやシマゲンゴロウなどの水生生物などを採取し、観察し、リリースしました。2時間ほどの観察で、名古木の自然の豊かさを実感してくれたようです。
お昼は持参の弁当に、ドン会特製のみそ汁を用意しました。
 
Dscn12882
 
若者たちの食欲は旺盛、お代わりする者も。
 
Dscn12942
 
ドン会のメンバーと一緒に記念撮影。
 
Dscn12992
Dscn13022
若者たちの存在はドン会の活動にとっても宝物、未来への希望。今度は顧問の先生も一緒に観察に来ることに。
「また会いましょう! さようなら!」
と声をかけました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »