« 中高一貫校の科学部の生徒さんが名古木の棚田で自然観察 | トップページ | 読売新聞に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事掲載 »

丹沢自然塾「新そば体験教室」を雨岳文庫で開催

2016年12月10日(土)は朝から青空が広がる絶好のそば打ち日和。伊勢原市にある、登録指定有形文化財「雨岳文庫」山口家住宅で、NPO法人自然塾丹沢ドン会の丹沢自然塾「新そば・手打ち体験教室」を開催しました。
 
Dscn13682
Dscn13832
Dscn13792
 
記念撮影の後、この日の二人の講師のご挨拶と手順の説明。
 
Dscn14092
 
3人一組、5台のそば打ち台で、3回のそば打ち体験です。講師の指導の下に初めてのそばを打ちます。
 
Dscn15042
Dscn14992
Dscn14372
 
二八のそば粉を混ぜて、水を差し、こねて、のばして、切ります。
 
Dscn14572
 
細い、太いの不揃いも初めての体験ではご愛嬌。
 
Dscn14162
Dscn14612
Dscn14632
 
茹でて、氷を入れた冷水で流してザルに盛って、出来上がり。
 
Dscn14672
 
大根おろし、刻みネギ、ワサビの薬味を添えていただきま~す!
 
Dscn15322
Dscn14722_2
Dscn14912_2
 
ご当主の山口さんの奥さんとドン会女性陣による野菜天ぷらも美味。
 
ドン会の新そばは「挽き立て、打ち立て、茹で立て、香り立て」の四立て。茹で上がるそばからざるは空っぽに。
 
Dscn14902_2
 
Dscn14962_2
 
そばの他にもアツアツのおでん、焼き芋、焼きネギのもてなしも。ご当主の山口匡一さんは、焚火のそばで一休み。
 
Dscn15192_3
 
空き時間に前庭で中学生と相撲を取っているのは私。
 
Dscn15732_2
 
最後に二人の講師から講評をしていただきました。
 
ドン会のそば打ちは、8月下旬のそばの種まき、土寄せ、疎抜き、畑一面の白いそばの花を観賞し、刈り取り、天日干し、製粉とつづき、今日のそば打ちに至ります。他ではできない体験です。最初からうまい人はいません。今日のそばに味をしめて、何回でもそば打ちに挑戦してください。
 
Dscn15722_2
 
そばの種まきから参加した中学生たちは、「自分でつくったそばは美味しかった!来年もまた来ます」と笑顔で挨拶。
 
Dscn15712_2
 
大山山麓・雨岳文庫の庭に参加者の暖かい拍手が響きました。
 
Dscn15892_2
 
 
講師の方々、ドン会のスタッフたちが新そばを味わったのはその後のことでした。
お疲れさまでした! ありがとうございました。

|

« 中高一貫校の科学部の生徒さんが名古木の棚田で自然観察 | トップページ | 読売新聞に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事掲載 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/64616002

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢自然塾「新そば体験教室」を雨岳文庫で開催:

« 中高一貫校の科学部の生徒さんが名古木の棚田で自然観察 | トップページ | 読売新聞に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事掲載 »