« 名古木の棚田、早朝の草払い作業 | トップページ | 鹿の子百合咲く »

秦野市里山ボランティア養成研修で講師

2017年7月22日(土)、秦野市里山ボランティア養成研修で、私は丹沢ドン会の活動報告を行いました。
この日は、秦野市森林づくり課の中村課長から、全国に先駆けた里山保全取り組みが報告されました。また、東海大学自然環境課程の藤吉正明教授の「里山の現状と管理の必要性ー秦野の雑木林と人工林―」の講義もありました。
 
0042
0052
16名の研修生は、この後、来年2月まで7回にわたり、草払い機、カマ、チェンソーの扱い方を実地に体験し、秦野市内のボランティア団体において活動します。
そして、学びと実践を重ねて、秦野の里山保全再生の担い手の一人として巣立っていきます。里地・里山の伝統的な風景を力を合わせて将来に伝えていきたいものです。
 
 

|

« 名古木の棚田、早朝の草払い作業 | トップページ | 鹿の子百合咲く »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/65574181

この記事へのトラックバック一覧です: 秦野市里山ボランティア養成研修で講師:

« 名古木の棚田、早朝の草払い作業 | トップページ | 鹿の子百合咲く »