« 天高く、収穫の秋に米の脱穀作業 | トップページ | 三種町増浦へ交流ツアー »

雨の中、湧水めぐりの里山ウォーク

2017年10月22日(土)の丹沢山ろくは、朝から小雨。しかし、丹沢ドン会の自然塾「里山ウォーク」は、予定通り開催しました。
 
Dscn90352
 
小田急線秦野駅に集合。本日のコースの説明。
 
Dscn90532
 
最初に向かったのは弘法の清水。県内唯一の秦野盆地の地形や湧水について専務理事の金田さんが資料を作成して分かりやすく解説。
Dscn90892
 
荒井湧水の流れ・太岳院・今泉名水桜公園・南小学校の桜を経て、相原商店へ。関東大震災後に建てられた店舗と倉庫。
白笹稲荷神社、はだの桜みちを経て、渋沢丘陵へ向かいました。
 
Dscn91142
 
雨に霞む表丹沢の山並み。共催の秦野市役所の桴谷さんが、山の名前をみんなに教えてくれました。
 
Dscn84092_2
 
晴れていればこんな風景が広がっていたはず…。
 
Dscn91312
 
Dscn91322
 
震生湖では、この日の一般参加の小泉さんが震生湖の成り立ちや名前の由来についてていねいな解説をしていただきました。
 
Dscn91352
 
福寿弁財天では、色白の弁財天座像の作者が彫刻家の土屋久照さんであることが判明。土屋さんは若くして亡くなられていますが、名古木の出身。ドン会のフィールドである名古木の割烹「ひろよし」のご主人とのご縁に接することができました。
 
Dscn91452
 
小雨に見舞われた渋沢丘陵のウォーキング。表丹沢の峰々は山肌に雲が湧き、まるで墨絵の世界。
 
これもまた良しの得難いウォーキングとなりました。
 

|

« 天高く、収穫の秋に米の脱穀作業 | トップページ | 三種町増浦へ交流ツアー »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/65949530

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中、湧水めぐりの里山ウォーク:

« 天高く、収穫の秋に米の脱穀作業 | トップページ | 三種町増浦へ交流ツアー »