« 冠雪の大山と雨岳文庫の梅のつぼみ | トップページ | エクセル・データ「私の世界史年表ノート」完成報告会 »

冬季湛水中・名古木の棚田

NPO法人自然塾丹沢ドン会のフィールドである秦野市名古木の棚田は、ただいま冬季湛水中。
 
Dscn08092
 
毎週土曜日の活動日にはドン会メンバー20~30人が集います。冬の間、田んぼに水を張ることで、秦野盆地の地下水の涵養に一役買っています。さらに、水生生物の棲み処としても、大きな役割を果たしています。
 
Dscn08002
 
この日も、慶應大学一ノ瀬研究室の清水さん他4名が名古木の自然調査に入りました。
 
Dscn08062
 
Dscn08052
 
棚田の原の梅の木々も陽光を浴びて赤いつぼみを膨らませています。
2月~3月と、崩落した畦の補修や田起こし、畑の耕耘など、寒仕事がつづきます。

|

« 冠雪の大山と雨岳文庫の梅のつぼみ | トップページ | エクセル・データ「私の世界史年表ノート」完成報告会 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/66330746

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季湛水中・名古木の棚田:

« 冠雪の大山と雨岳文庫の梅のつぼみ | トップページ | エクセル・データ「私の世界史年表ノート」完成報告会 »