« 秦野市里山まつり(第12回)開催 | トップページ | 名古木の復元棚田で代掻き・あぜ塗り »

2018年「丹沢自然塾」開講オリエンテーション

4月7日(土)は、朝から予報外れの嬉しい青空が丹沢山ろくに広がりました。
NPO法人自然塾丹沢ドン会の2018年「丹沢自然塾」の開講・オリエンテーションを秦野市名古木の棚田で開催しました。
 
Dscn99072
 
「丹沢自然塾」の応募者は、この日は都合で参加できなかった人たちも含め約20家族の親子連れなど40名ほど。
朝日・毎日・東京・神奈川新聞、地元「タウンニュース」・秦野市観光協会HP、会員の口コミなどの情報発信によりに、2018年の自然塾は賑やかになりそうです。
 
開講式を終え、さっそく田んぼへ。
 
Dscn99142
 
Dscn99572
 
Dscn99892
 
里山の緑のグラデーション、黄色い菜の花に包まれた名古木の復元棚田。春爛漫の里地の風景が広がります。
塩水選から始まり、種籾の芽出しを経て、この日は苗床に種まきです。田んぼ担当の金田さんの指導の下、無事に苗床づくり・種まきが終わりました。
 
昼食の後は、名古木の「ドン会ベース」で開講オリエンテーションと学習会。
 
Dscn00472
 
Dscn00452
 
 
私が、丹沢ドン会のあゆみと理念を話し、専務理事の金田さんがドン会の活動を報告。
学習会では、慶應大学一ノ瀬研究室の大学院生・学生5名が名古木の棚田の生物多様性について、1年間の自然調査の成果を踏まえて発表してくれました。
参加した親子の自然塾生たちは、人の手が加えられることによって保たれる里地里山の自然の営みのふしぎに興味津々でした。
ゆったりとした時間の流れる名古木の棚田で、思う存分自然の豊かさ厳しさを満喫し、一緒に自然・農業体験をしましょう!

|

« 秦野市里山まつり(第12回)開催 | トップページ | 名古木の復元棚田で代掻き・あぜ塗り »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/66588672

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年「丹沢自然塾」開講オリエンテーション:

« 秦野市里山まつり(第12回)開催 | トップページ | 名古木の復元棚田で代掻き・あぜ塗り »