« 彫刻家・西巻一彦さん「挿絵原画・立体展」開催中 | トップページ | 栃木県馬頭温泉「いさみ館」で首都圏出版人懇談会の総会 »

丹沢ドン会、名古木の復元棚田で田植え

2018年5月26日(土)に行われた、NPO法人自然塾丹沢ドン会の秦野市名古木の復元棚田の田植えに80名近い参加者がありました。
 
Dscn99822
 
Dscn99972
 
記念撮影の後、さっそく苗取り。
 
Dscn00602
 
ドン会特製の田植え定規を使って、初めての田植え!
 
Dscn01012
 
ドン会メンバーは手慣れたもの。
 
Dscn00652
 
いくつもの田んぼで分散して田植え。
 
Dscn01202
 
Dscn01382
 
Dscn01412
 
それぞれの田んぼの田植えが終わると「バンザ~イ!」
 
当初、昼食の後に午後も田植えを行う予定でしたが、みんなの力で予想以上に作業が進みました。昼食の時間を少し遅らせて、午前中に30枚の田んぼの田植えを終えました。
 
Dscn01492
 
今年も大活躍の東京農業大学の竹内先生と学生のみなさん。
 
Dscn01552
 
Dscn01522
 
参加者持ち寄りの手料理がテーブルからテーブルへと行き交いました。
「早苗饗」がそれぞれのテーブルで催され、田植えの疲れと余韻を楽しみました。
 
Dscn01672
 
自然塾生、東京農業大学のみなさんへの一言インタビューでは、「稲刈りにもぜひ!」との声かけも。
 
ここちよい風に吹かれながら、参加者は三々五々バス停に向かいました。
 
Dscn01772
 
Dscn01722
水をたたえた名古木の棚田。田植えが終わった田んぼの緑が周囲の新緑と響き合い棚田の風景が変わりました。
9月の収穫まで水の管理や草取りなど八十八の手入れがつづきます。
 

|

« 彫刻家・西巻一彦さん「挿絵原画・立体展」開催中 | トップページ | 栃木県馬頭温泉「いさみ館」で首都圏出版人懇談会の総会 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

頑張ってて楽しそうですが、地元の子供達や親子が昆虫採取に来ると、いちいち難癖つける独りよがりな団体でもありますね。
もう少しオープンな考えでいってはどうでしょうか?

投稿: 地元住民 | 2018年5月30日 (水) 20時44分

地元住民さんへ。一度じっくりお話ができたらいいですね。

投稿: yume | 2018年5月31日 (木) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/66772324

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢ドン会、名古木の復元棚田で田植え:

« 彫刻家・西巻一彦さん「挿絵原画・立体展」開催中 | トップページ | 栃木県馬頭温泉「いさみ館」で首都圏出版人懇談会の総会 »