« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

新ジャガとアジサイ

借りている近くの畑で連れ合いが新ジャガの収穫。小粒のものをレンジでチン。取れたてのほくほくジャガイモは何もつけないでも美味しい!
01322
00222
洗って乾かして、娘夫婦のところへ送ります。
00822
梅雨の晴れ間に朝陽を浴びるアジサイ。
00722
01022
ガクアジサイに墨田の花火。今年のアジサイはもう最盛期を過ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢ドン会名古木・田んぼの草取り

NPO法人自然塾丹沢ドン会の活動日は毎週土曜日。梅雨のさ中ですが、午後から雨の天気予報。2週間ぶりに秦野市名古木の復元棚田へ出かけました。
0022
まずは朝のミーティング。この日の作業を各担当者から説明。田んぼと畑に分かれてそれぞれの作業が始まります。
0042
私は田んぼの草取り。
0052
5月26日の田植えから4週間。苗は順調に育っています。
草取り、水の管理など、人の手を加えること八十八手。ようやくにして「米」が収穫できるのです。それまでまだまだ手間暇をかけなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西巻一彦「挿絵原画・立体展」ぎゃらりーぜんで開催中

秦野日赤近くの「ぎゃらりーぜん」で開催中の西巻一彦さんの「挿絵原画・立体展」。
 
Dscn03272
 
Dscn03342
 
日曜日の夕方、展示会場でミニパーティーを開きました。作者の西巻さん、「なべわり山のふうたろう」著者・山田吉郎さん他、20数名の参加者。
ギャラリーのアートプロデューサー・多賀さん、フォルクローレの木下さん、初めてお会いする人、20年ぶりにお会いする人…新たな出会いと久しぶりの旧交を温めることができました。
 
Dscn03822
 
Dscn03982
 
Dscn03882
 
Dscn03422
 
たび重なる病を持ち前の横溢した生命力と笑顔で乗り越え、新たな発想で創作活動に取り組む西巻さん。身近で支え続けてくれるご家族の姿も。
 
Dscn04412
 
「挿絵原画・立体展」は、6月10日まで(5日は休み)。
 
Dscn03502
 
「ぎゃらりーぜん」の会場は広い。それでも展示しきれなかった原画が多数ありました。会場では、原作の童話などの本も販売しています。お手に取ってご覧ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栃木県馬頭温泉「いさみ館」で首都圏出版人懇談会の総会

那珂川のせせらぎを眼下に望む栃木県馬頭温泉「いさみ館」で、首都圏出版人懇談会第27回総会を開きました。
 
Dscn02572
 
Dscn02772
 
6月1日はアユ漁の解禁日。那珂川には数えきれないくらいの太公望が糸を垂れていました。
 
Dscn02062
 
「首都懇」総会は、出版不況の出口の見えない長いトンネルの中で、首都圏各地で地域出版の種をまき実らせている創意工夫や取り組みを情報交換し、語り合い、学び合う場としての存在を再確認することができました。
 
Dscn03222
 
翌日は、那須烏山市内の「和紙会館」「山あげ会館」、どうくつ酒蔵「島崎酒造」などを見学。市内のいたるところに大谷石の蔵が建ち、独特の風情をとどめていました。
八溝そば街道の江戸前手打ちそば「松月」でそば会席の昼食をとり、宇都宮駅で解散。来年の開催地は千葉県。1年間の各社の奮闘を胸に帰途につきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »