« くずはの家「秦野市里山ボランティア養成研修」で講演 | トップページ | 炎天下、名古木の棚田・畦の草払い »

茅場町・やき鳥「宮川」で一献

横浜駅近くで神奈川県自然保護協会の会合を終えて、京浜急行線に乗り茅場町駅に向かいました。やき鳥・鳥料理「宮川」はすでに満員御礼状態。長岡高校同期の鈴木さんが先着、カウンター席を確保してくれていました。
00121
00322
鈴木澄夫さんが編んだ「私の世界史年表ノート」(デジタルデータ)の今後の展開について打ち合わせ。
「宮川」は、開店前から行列のある鈴木さんなじみのお店。この日もキンキンに冷えた生ビールと冷酒、やき鳥、シュウマイをいただきながら、打ち合わせも滑らかに。
次代を担う若い世代に、手軽に日本や世界の戦争の歴史を知ってもらい、平和な世界を築いてほしい。そのために「私の世界史年表ノート」(デジタルデータ)をどのように活用してもらえるのか、その可能性を探ります。

|

« くずはの家「秦野市里山ボランティア養成研修」で講演 | トップページ | 炎天下、名古木の棚田・畦の草払い »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/66928673

この記事へのトラックバック一覧です: 茅場町・やき鳥「宮川」で一献:

« くずはの家「秦野市里山ボランティア養成研修」で講演 | トップページ | 炎天下、名古木の棚田・畦の草払い »