« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

★くん、☆ちゃんの夏休み宿泊研修

異常に暑い夏休みの終盤に、★くん、☆ちゃんが親元を離れ、我が家で兄妹二人だけで3泊4日の宿泊研修。
0812
1102
子どもたちは、競って夕食づくりのお手伝い。最初の夕食は、★くんのカレーライス。2日目の夕食は☆ちゃんのハンバーグ。その後も、マーボドーフやら何やらと主役を交互にかえて台所に立ってお手伝い。連れ合いの指導を受け、包丁さばきも少しずつ上達しました。
自分たちで作った料理は格別。「おいしい!」「うまい!」と完食です。
1962
1912
連日、川に出かけ、公園に出かけ、家中を駆け回り、一緒に風呂に入り、疲れ果てて布団に寝ころびバタン休!
ところが3日目になると、☆ちゃんから少し弱気の虫。「ママにあいたい…」
ひとときも休まず動き回る子どもたち。少々体力・気力の衰えを感じる連れ合いと私は何とかこの4日間を乗り切り、パパ・ママを迎えることができました。
「来年は2泊3日くらいにしたいね」と、子どもたちが帰った静けさの中で話したことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古木の棚田で「こども自然体験教室」開催

8月20日(月)は朝から薄曇り。絶好の自然観察日和。相模原市立大野南公民館主催の「丹沢山ろくでこども自然体験教室」が丹沢ドン会メンバーの千葉さんの仲立ちで開催されました。
048sizentaiken
055sizentaiken
この日の講師は、東海大学自然環境課程の北野忠教授と学生2人。
092sizentaiken
採取した生き物たちの北野先生の解説に聞き入る子どもたち。
121sizentaiken
昼食を終えて記念撮影。
204sizentaiken
その後は自由時間。子どもたちは木登り、ターザンごっこ、オニごっこと駆け回りました。
この日の自然体験・遊びを通して、自然との付き合い方を五感で感じてくれたことと思います。
226sozentaiken
別れの時間。
「さよ~なら~」「またおいで~」の声が名古木の棚田にこだましました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢自然塾「そばの種まき教室」開催

これまでの炎暑とは打って変わって、秋の気配ただよう丹沢山ろく名古木のドン会フィールドで、丹沢自然塾「そばの種まき教室」を開催しました。
023soba
そばづくり担当の丹藤さんの指導の下、畝をつくり、そばの種をまきました。
040soba
自然塾の子どもたちも大活躍。1週間ほどで芽が出て、2週後には土寄せ作業。10月には一面のそばの白い花を観賞し、11月には刈り取り、天日干し。製粉したてのそば粉で、12月にはそばの手打ち体験教室を開きます。
種まきから始めるドン会のそばづくり。収穫・そば打ちまで無事にできますよう。
080soba
084soba
この日の名古木の棚田、空には白い雲が浮かび、稲穂の上には、スズメ除けのビニルテープが風に揺れて光り輝いています。
088soba
路傍にはエノコログサが風にゆれ、季節はめぐり初秋の風情が漂い始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢ドン会定例活動日の一コマ

NPO法人自然塾丹沢ドン会の活動日は毎週土曜日。朝8時半ころから会員が集まり始め、日除けのためのテントを張り、冷たい飲み水を用意し、田んぼの水回り…。9時前後には毎週20~30人のメンバーがその日の都合で入れ替わりながら集まります。
0042
06121
この日の作業はスズメ除けのための田んぼのネット張り。田んぼの周囲の畦の草払い。畑の収穫などなど…。
029211
休憩時間には、冷たいミニトマトをほおばります。
炎暑の中、それぞれ自分の体調と相談しながら里地・里山の作業に取り組みます。
04521
子どもの遊びゾーンの近くの湿地にはガマが天に向かって幾本も。
03721
畑の縁にはヒマワリが輝いています。
05621
稲穂もたわわに実り、太陽と水・大地の恵みを実感します。
持ち寄りの惣菜がテーブルを回り、お昼ご飯を食べ終わったころ、西の空に暗い雲が…。と思う間もなく、大粒の雨が降り始めました。
この日の作業はこれまで。大急ぎで帰り支度をして三々五々、東京、神奈川県内、秦野市内への帰途に。
「秋の収穫まで無事に育ってほしい!」と願いつつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢山麓にゲリラ豪雨

お盆休み中、プリウスの定期点検のために、神奈川トヨタへ車を走らせました。点検作業の間は、コーヒーをいただきながら校正作業。突然、ガラス越しの交差点が暗くなり、ざんぶと大雨が降って来ました。ゲリラ豪雨の様相。
1時間弱で点検終了。そのころには雨は小降りに。外に出たついでということで、郵便局・銀行へ行き、支払い・記帳。
004
その途中、信号待ちで水無川に架かる橋の上で上流を見ると、普段のようすとは大違い。濁流です。飛沫を上げる川の流れに、西日本の被災地の映像がダブりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議の前にコーヒー

平日の朝、産業貿易センターの会議室で開かれる会議に出席するため横浜へ向かいました。通勤時間帯に電車で移動するのは何年ぶりのことでしょう。
地下鉄の改札口から地上に出ます。むっとするほどの暑さ。となりの県民ホールでは夏休みの大会があるのでしょうか。多数の高校生と思しき学生たちが楽器を抱えて列をなしていました。
乗り継ぎが良くて少し早く着きました。一息つきましょう。
007211
コーヒーを飲みながら資料に目を通し、会議に備えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと長岡から枝豆

ふるさと長岡の実家・兄の連れ合いさんから段ボール箱が届きました。中には枝豆、ナス、ゴーヤ、ミニトマトなど取れたてのふるさとの野菜。
003211
さっそく枝豆を蒸かして、いただきました。
毎年兄は、8月2日、3日の「長岡の花火」を見に来る客人の食卓に出すために枝豆の食べごろを見計らって栽培しています。
思わず発した「うまい!」が、母の口調にそっくりだと気づかせてくれた、ふるさとからのお裾分けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

編集者日録 2018年8月2日

炎暑の中、日焼け止めクリームを顔・手に塗り、帽子をかぶり横浜へ。
神奈川県庁で、年に1度のNPO法人神奈川県自然保護協会と浅羽副知事との懇談会に参加しました。
今年のテーマは、①2020年オリンピック・パラリンピックを機に、江の島の魅力をさらに高めましょう、②生物多様性保全に向けて、③里地里山活動今後の展望他。短い時間でしたが、率直な意見交換ができました。ぜひこれからの県の施策に反映してほしいものです。
懇談会の後、数人でイタリアンダイニング「カリ~ナ」で、ふわふわオムレツのランチ。その帰途、横浜駅西口でポンパドールのパンを購入して帰宅。
少し休息して、武勝美さん宅へ。「続 道祖神ワンダーワールド」の初校ゲラを受領しました。
Img_20180802_0001
武さんは、教育個人紙「ECHO」を発行しつづけて33年、7月20日で350号を重ね、7月31日付の「神奈川新聞」に紹介されました。先達の持続する志に脱帽です。
004231
 
家に帰ると、垣根越しにヤマユリの花。空には雲がかかり、いくぶん暑さを和らげてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »