« 種まきから2週間、そばの疎抜き作業 | トップページ | 雲湧きただよう名古木の棚田とヒガンバナ »

西巻一彦さんより「バレーボール部50周年記念誌」最終ゲラ受領

神奈川県立伊勢原高校女子バレーボール部の後援会長を務めている彫刻家・西巻一彦さん。その後援会が中心となって、同高女子バレーボール部6人制創部50年を記念した「記念誌」づくりが進んでいます。本日昼前、その最終校正刷りを受け取りに西巻さん宅を訪れました。
004nisimaki
記念誌づくりと並行して創部50周年記念式典の準備やらなにやら、現役後援会長は、八面六臂の活躍です。
西巻さんとは、30年近いお付き合い。
西巻さんは、石と向き合い、自らの分身ともいえる彫刻にいのちのメッセージを吹き込み続けています。そのまっすぐな生き方に、私自身も深く大きな刺激を受けて来ました。
001nisimaki
最終ゲラには少し朱入れが残りました。後は夢工房の責任で修正・確認をして校了とし、印刷・製本に入ることにしました。9月30日の記念式典には参加のみなさんに手渡すことができるはずです。
「伊勢高バレー50年」にかかわったすべての人たちの汗と涙の結晶です。しっかりとした本に仕上げたいと思います。

|

« 種まきから2週間、そばの疎抜き作業 | トップページ | 雲湧きただよう名古木の棚田とヒガンバナ »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/67130949

この記事へのトラックバック一覧です: 西巻一彦さんより「バレーボール部50周年記念誌」最終ゲラ受領:

« 種まきから2週間、そばの疎抜き作業 | トップページ | 雲湧きただよう名古木の棚田とヒガンバナ »