« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

夢工房の編集者日録

丹沢山ろくの新しい年の朝陽は、弘法山の南から昇ります。
Dscn02202
正月気分を引きずりながら、何かと外に出る機会が多い週でした。
9日:「米百一俵の会」新年会で神田神保町「こんごう庵」へ。
10日:新刊「厚木・愛甲の自然誌」の著者・山口勇一さんと厚木の記者クラブ他へ。
11日:満州からの引き揚げ体験者でもある高知大学名誉教授大野正夫さんと恩師・増田昭一さん宅で編集打ち合わせ。
12日:町田駅で丹沢ドン会のメンバーと懇談の後、自費出版編集者フォーラムの新年会で湯島「ふくろう亭」へ。
14日:「元気に百歳」クラブの会誌「元気に百歳」№20の編集会議を新橋「バルーン」で行ったのち、居酒屋「一丁」で打ち上げ。
新しい年も、腰を据えて編集・出版活動に取り組みます。よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんごう庵で「米百一俵の会」新年会

長岡高校の同期で集う「米百一俵の会」の新年会が、本の街・神保町の「こんごう庵」で開かれました。
Dscn02283
Dscn02273
2か月に1回の例会には、なかなか出席できていません。忘年会は欠席で、昨年11月の大菩薩嶺登山以来の参加です。新潟のお酒とへぎそばをいただきながら旧交を温めました。
参加者の半ばはリタイアして仕事から遠ざかっていますが、なかにはまだまだ現役バリバリのメンバーも。それぞれの孫や自身の健康の話題とともに、その道のプロの話も飛び交って刺激的でした。
2次会は例によって近くの「さぼうる」でコーヒーとワイン。
「また、近々…」と家路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉とメジロの訪れ

年が改まって、娘たちの家族がそろって我が家に一泊しました。★くん、☆ちゃんにはお年玉。
Dscn01592
おだやかな日和に、メジロのつがいが梅の木に。周りに目を配りながらミカンをついばんでいました。
良き1年になりますよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年の丹沢ドン会棚田開き

明けましておめでとうございます。
NPO法人自然塾丹沢ドン会の2019年「棚田開き」を、穏やかな青空の広がる秦野市名古木の棚田のドン会フィールドで行いました。
Dscn81342
Dscn81222
沢水を汲んだ若水を田んぼに注ぎ、この年の「ドン会活動安らかなれ」と祈りました。
Dscn81362
午前中は棚田の畦づくりや畑作業。久しぶりに健康的な汗をかいてリフレッシュ。
Dscn81542
少し早めの昼食は、手づくりの芋煮です。
Dscn81492
Dscn81702
2019年も、参加者の居場所と健康づくり、地域の方々との交流や子どもたちの自然体験の場づくり、安全安心な食べものづくりと生き物たちとの共生が実現できるようドン会の活動を継続します。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ