« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

春のきざし

久しぶりに1日ゆったりとした日曜日。庭に出てみると、春のきざし…。
Dscn03722
梅の蕾がふくらみ始めました。
Dscn03672
白と黄色のスイセンは身を寄せ合って。
Dscn03692
元の花のようすからは想像もつかないシュウメイギクの綿毛。
春を待つ花たちの姿はさまざま。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢ドン会の冬仕事~棚田の水漏れ補修

丹沢ドン会の定例活動日の土曜は、雲一つない青空。しかし陽がまだささない朝の棚田には霜が降りたまま。
Dscn03282
Dscn03392
ところどころに氷が張っていました。
この日の作業は肉体労働。
Dscn03382
Dscn03572
上段の一番広い田んぼの畦にそって水漏れ防止用の波板を敷設するために60センチ以上の溝を掘り、埋め戻す作業です。
Dscn03622
 
 
 
午後の作業を終えて、ドン会メンバーが帰るころには、抜けるような青空にノスリが1羽気持ちよさそうに舞っていました。
Dscn03532
棚田の原には早くも紅梅が咲き始めました。季節は少しずつ春めいていくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山にうっすらと雪

昨日の丹沢山ろくの久方ぶりの恵みの雨は、朝には止んでいました。
午後、仕事で伊勢原の雨岳文庫へ。母屋の西方にでーんとたたずむ大山はうっすらと雪模様。
Dscn03192
陽ざしのある所はぽかぽかですが、山の上は冬。丹沢札掛は初雪で、実質積雪は7センチと言います。程よい雨や雪とはいかないのが自然なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ