« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

秦野市名古木の棚田で「こども自然体験教室」

5月19日(日)、丹沢ドン会の名古木の棚田で「こども自然体験教室」が開催されました。相模原市の公民館の主催。30名近い子どもたちを青少年指導員が引率、父母も数名加わりました。東海大学自然環境課程の北野忠教授とそのゼミ生7名が指導にあたりました。

 Dscn18252 Dscn18052

この日採取した生き物たちを解説する北野先生。豆博士のような小学生もいて、しっかりと聞き耳を立てていました。もちろん、キャッチ&リリースです。

午後には、ドン会の森でロープ遊びや木登り体験。1日名古木の自然を満喫したことでしょう。

「またおいで~」と子どもたちを見送りました。

Dscn18412

週末25日に丹沢ドン会では棚田の田植えを行います。水をはった棚田に青空が写っています。

 

 

 

| | コメント (0)

第26回透谷祭開催

5月16日、小田原駅近の高長寺で第26回透谷祭が開かれました。

小田原が生んだ詩人・思想家である北村透谷の没後100年のときに「透谷祭」を開催して以来今年で26回を数えます。会の主要メンバーであった井上映画監督、金原左門中央大学名誉教授、児童文学研究者湯山厚さんは、すでに透谷のそばに逝かれ、透谷祭そのものが一つの歴史になりました。

Dscn1733

Dscn1752

この日は、60名近い参加者。オープニングは安藤香織さんの歌。北村透谷作詞・雨宮伊之助作曲の「蝶のゆくえ」、正田美智子さん作詞の「ねむの木の子守歌」、北原白秋作詞の「この道」の3曲。

話題提供者3名のレポートの後は、この日の司会・蛭田さん(落語家柳家三三さんの父親)の名進行で参加者のフリートークが時間いっぱいまでつづきました。

来年は、透谷の詩を作曲したもの2曲を安藤香織さんが歌うことも急きょ決まりました。

小田原の文学者たちを顕彰し、伝える市民の活動はこれからもつづきます。

 

| | コメント (0)

田植えに向けて代かき・畦塗り

緑深まる秦野市名古木の丹沢ドン会の棚田では、田植えの準備に大忙し。五月晴れの土曜日は、2019年第2回丹沢自然塾「田植えの準備教室」を開催しました。

Dscn16882 Dscn16832 Dscn16982

丹沢ドン会のメンバー・自然塾生が、スコップ・クワなどを手に手に、代かきや畦塗りにいい汗をかきました。

冬の間の干天が影響しているのでしょうか、水不足が深刻です。

でも何とかこの日の作業を終えて「ばんざ~い!」

5月25日の田植え本番に向けて、雨降り山の異名を持つ大山に雨乞いをしたい心境です。

| | コメント (0)

アヤメ・クレマチス咲く

2019年5月1日、令和の1日は雨模様。

Dscn14402

Dscn14442

我が家の庭は、カキ・梅・フヨウ・イチョウなどの若葉で緑一色。雨に濡れた新緑の中にアヤメやクレマチスが紫色の花を咲かせています。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »