« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

7月6日(土)は丹沢自然塾「田んぼの生き物観察教室」

丹沢ドン会恒例の丹沢自然塾「田んぼの生き物観察教室」、今年はNPO法人自然塾丹沢ドン会・秦野市・NPO法人神奈川県自然保護協会の共催で開催します。

これまで地元タウン誌、新聞2紙に募集記事を掲載していただきました。

Img_20190628_0006

Img_20190628_0002

Img_20190629_00012

名古木の棚田では、5月下旬に田植えを終え、幸い天の恵みの雨にも恵まれ、苗は順調に生育しています。

緑の風が吹き渡る棚田へぜひ親子でお出かけください。参加をお待ちしています。

 

 

| | コメント (0)

アジサイの季節、ムクゲの花咲く

梅雨真っ盛り。我が家の庭では挿し木で増えたアジサイの花が雨に濡れています。

Dscn24062

少し早いのですが、ムクゲの花も咲き始めました。

Dscn24012

Dscn24102

緑に映える花たちを眺めながら朝のコーヒーをいただきました。

| | コメント (0)

名古木の棚田で慶応大学一ノ瀬教授のフィールド演習

2週間前に田植えを終えた名古木の棚田。丹沢ドン会の米づくりにとって前夜の雨は天の恵みとなりました。曇り空の下、ドン会メンバーは、この日も田んぼの苗の補植や畑の手入れに余念がありません。

11時、慶応大学一ノ瀬教授のフィールド演習の学生ら総勢25名が名古木の棚田に到着。

Dscn22452

さっそく、丹沢ドン会の28年に及ぶ「伝統的な農村風景と生物多様性を次の世代に伝える」活動を30分ほど私がレクチャー。


Dscn22602

つづいて、一ノ瀬研究室「秦野生物多様性プロジェクト」のメンバーが、2年にわたる自然調査の結果を踏まえて、名古木の自然の現状を解説。

昼食をはさんで、2班に分かれてフィールドワークです。

Dscn22792

Dscn22752

Dscn23022

名古木には田んぼ・小川・湧水・草地・湿地・里山など多様な自然があり、そのことが生物多様性の保全に大きく貢献している。しかし、それをボランティア活動で維持する苦労は並大抵のものではない。

と、晴男を自称される一ノ瀬教授は最後の講評で学生たちに話されました。

Dscn23102

学生たちが帰るころには、うっすらと青空が見え始めました。プロジェクトのメンバーの何人かは引き続き自然調査に名古木の田んぼや周囲の里山に入りました。

水をたたえた棚田に映える青空。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »