« 第3回「丹沢こども自然塾」開催 | トップページ | 台風一過の名古木の棚田で »

ドン会のそば畑で疎抜き作業

今日は丹沢ドン会の定例活動日。そば畑では、2週間前に播いたそばの種が芽を出し20センチほどに成長。密植しているそばの茎を間引きました。

疎抜いたそばの茎はさっとゆでておひたしにするとこの上なく美味。

Dscn84512

Dscn84462

Dscn84452

10月初旬には白い花が咲き、11月中旬には刈り取り。12月14日には、恒例の伊勢原雨岳文庫で「新そばの手打ち体験教室」を開催します。

ドン会のそばは、挽き立て・打ち立て・茹で立て・香り立ての四立て。

種まきから始めるそばの醍醐味です。

 

|

« 第3回「丹沢こども自然塾」開催 | トップページ | 台風一過の名古木の棚田で »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第3回「丹沢こども自然塾」開催 | トップページ | 台風一過の名古木の棚田で »