« 丹沢山ろく名古木の棚田の出穂とヤマユリ | トップページ | 第3回「丹沢こども自然塾」開催 »

鹿の子ユリ咲く

梅雨明け後の連日の猛暑の中、陽の傾き始めるころから、連れ合いが荒れ放題の庭の剪定作業に取り組みました。先を越されたものの、大きな木の選定は私の出番。翌日の夕方から大汗をかいて作業するものの1日では終わらず、なか1日を挟んで2日間かけて何とか庭の中を風が通り抜けるまでに。

緑の風が通り抜ける我が家の庭の一隅に鹿の子ユリが咲いているのを見つけました。

Dscn27732

Dscn27712

作業中はシャッターを押す意欲もわかず、翌朝撮った写真です。朝陽を浴びて何やら妖艶な色合いです。

庭に咲くさまざまな花たちが季節のうつろいを伝えてくれます。

 

 

|

« 丹沢山ろく名古木の棚田の出穂とヤマユリ | トップページ | 第3回「丹沢こども自然塾」開催 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹沢山ろく名古木の棚田の出穂とヤマユリ | トップページ | 第3回「丹沢こども自然塾」開催 »