« ドン会のそば畑で疎抜き作業 | トップページ | はだの百年店舗調査部会スタート »

台風一過の名古木の棚田で

台風一過の名古木の棚田と畑は、自発的なドン会メンバーの精力的な働きで、電気柵の修復もなり無事に野生動物の侵入を免れることができました。ただ、少し離れた奥の棚田が未確認でした。

電気柵にはところどころ枝が覆いかぶさり、支柱が倒れかけているところも。柵の周辺には、イノシシが土を掘り起こした真新しい跡が点在していました。まず、電源を切り、枝葉を取り除き、支柱をまっすぐにしました。電線のたるみを直し、下草を払いました。最後に電源を入れ、1時間ほどの作業を終えました。

Dscn85332

Dscn85312

写真は、台風の来る前日の名古木の棚田のようす。21日(土)は、丹沢ドン会の稲刈りです。

|

« ドン会のそば畑で疎抜き作業 | トップページ | はだの百年店舗調査部会スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドン会のそば畑で疎抜き作業 | トップページ | はだの百年店舗調査部会スタート »