« キンモクセイの香り漂う | トップページ | 弘法山に朝焼け »

名古木ウォ―キング&「道祖神と庶民の暮らしを学ぶ」

この日の名古木の棚田には、低く薄く雲が流れていました。

Dsc_0032

前日の天気予報通り、朝方には雨は止み、曇り空。絶好のウォ―キング日和。

Dsc_0022

出発前の元気な参加者。

Dsc_0029

いざ名古木の棚田を出発。

Dsc_0035

最初のポイント・名古木の馬頭観音の説明をする、この日のガイド「まほら秦野みちしるべの会」会長・横山信子さん。

Dsc_0055

善波峠の下から秦野盆地を望みながらR246方面へ。

Dsc_0074

秦野たばこの先駆者・草山貞胤に師事し、葉煙草耕作の技術向上に多大な功績を残した関野作次郎生誕地で、ご当主から説明を受けました。

Dsc_0069

ダンディーな関野作次郎氏。奥様からは麦茶とジュースのおもてなしを受けました。ありがとうございます。

Dsc_0095

Dsc_0110

御嶽神社で昼食を摂り、午後からは、ドン会名古木ベースで武勝美さんの講演「双体道祖神発祥の地 秦野」をお聞きしました。

Dsc_0101

チーム「竹の子」の関智子さんによる紙芝居「目一つ小僧」の上演も。

約3時間5キロのウォ―キングと道祖神が全国5番目に多い「道祖神のふるさと秦野」の庶民の暮らしをじっくりと学ぶことができた一日でした。

 

|

« キンモクセイの香り漂う | トップページ | 弘法山に朝焼け »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キンモクセイの香り漂う | トップページ | 弘法山に朝焼け »