« 茜の富士にかかる雲 | トップページ | 「関東・水と緑のネットワーク」拠点に名古木の棚田選定 »

『大地の伝言』の著者・大野正夫さん

『大地の伝言~満州・戦争孤児との約束 増田昭一の生涯」を上梓した高知大学名誉教授の大野正夫さん。おだやかな冬の日の午後、小田原・慈眼寺の「カフェ・空」でタウンニュース小田原支社長・野口康英編集長の取材を受けました。

Dsc_0048

増田昭一さんは、満州の難民収容所で戦争孤児たちと共に飢えと病気に見舞われました。九死に一生を得て日本に帰ることができた増田さんは、戦後、小学校教師として子どもたちの教育に携わりました。増田さんの脳裏を片時も離れなかったのは、生きて日本に帰還することができなかった子どもたちとの約束「ぼくたち・私たちのことを伝えて!」という悲痛な魂の叫び。それが原動力となって増田さんに夢工房から5冊の物語・絵本を刊行させました。

小田原の酒匂小学校の2年生のとき、増田先生の教え子であった大野正夫さん。自身も満州からの引き揚げ体験者でしたが、そのことを増田先生や級友たちに話すことはなかったと言います。2014年8月に増田昭一原作のTBS終戦ドラマ「遠い約束」が放映されました。そのことがきっかけで、大野さんは級友らと共に増田先生と60年ぶりの再会を果たしました。

増田先生との再会、自らの満州での体験、増田先生の書いた本や絵本を読み、これまでの物語では書かれなかった増田昭一さんご自身の生涯をぜひ本として残したいと大野さんは考えました。本拠地である高知から自身の研究やフィールドワークのために大野さんは月に1度ほど上京、そのたびに増田先生の聞き取りを続けました。1年余をかけて原稿は出来上がりました。

Img_20191206_0001

孤児たちとの難民収容所での生活、ソ連軍戦車隊との磨刀石での肉弾戦、八路軍の医師としての従軍体験、3たび死に直面した増田昭一の満州における過酷な体験と、戦後の教師生活、戦争孤児・子どもたちとの約束を果たそうともがき続けた増田昭一の足跡を大野正夫さんはていねいに描きました。

Dsc_0053

落ち着いた静かな空間、「カフェ・空」は、これまでも何回も聞き取りや、本づくりの打ち合わせに使わせてもらいました。この日、増田さんも参加の予定でしたが、少し体調が思わしくなく大事を取ってもらいました。

増田さんの「二度と戦争は!」の思いとメッセージが、次代を担う子どもたちや多くの人びとに伝わるように、この日のタウンニュース社の取材がその一端を担ってくれることを願っています。

|

« 茜の富士にかかる雲 | トップページ | 「関東・水と緑のネットワーク」拠点に名古木の棚田選定 »

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茜の富士にかかる雲 | トップページ | 「関東・水と緑のネットワーク」拠点に名古木の棚田選定 »