« 2020年2月 | トップページ

2020年3月

飛鳥画廊で永井等絵画展

小田原銀座通りの飛鳥画廊で「永井均等展」が開かれました。3月18日から23日までで、すでに会期は終わっています。

永井さんとの出会いは30年も前にさかのぼります。繊細で心優しい画風はそのまま変わりませんが、そこを突き抜けて明るい色彩とダイナミックな造形・技法が新鮮でした。

Dsc_0001_20200325160201

Dsc_0003_20200325160201

Dsc_0007_20200325160201

久しぶりにお連れ合い様ともお会いできました。

画業一筋の永井さん、出版一筋の夢工房。お互いに出てきた言葉は「よくぞここまで続けることができたね!」でした。

永井さんのますますのご活躍を!

| | コメント (0)

春の田んぼづくり

先週とは打って変わった土曜日、名古木の棚田は春模様。周囲の雑木林は少しずつ芽吹き始め、田んぼの畦道には黄色い菜の花が咲き誇っています。

Dsc_0033_20200322143601

Dsc_0012_20200322143601

田んぼでは、苗代づくり。

Dsc_0039_20200322143601

冬季湛水中の田んぼの水は高いところから順に低いところへ流れ落ちます。

Dsc_0020_20200322143601

手づくりのため池では無数のオタマジャクシが泳いでいます。

Dsc_0048_20200322143601

この日も30名近いドン会メンバーが、田んぼや畑、雑木林・竹林でそれぞれの作業に励みました。

2020年の「丹沢自然塾」の「開講・オリエンテーション&種まき」(4月11日)に向けて準備作業の真っ最中です。

| | コメント (0)

ヤマザクラ咲く、春爛漫

春分の日は、風が少し強いものの朝から春の陽があたたかい。事務所で机に向かっていると、連れ合いから内線。

なにごとかと階下に降りてみると「ゴメンゴメン。ヤマザクラが咲いたよ!」。

庭に出てみました。

Dsc_0019

ヤマザクラがいきなり2分咲きです!

Dsc_0034

レッドロビンの新芽が陽に映えます。

Dsc_0037

Dsc_0039

Dsc_0022_20200320101501

Dsc_0033

シンビジュウム、ツルニチニチソウ、ハナニラの花が咲き、ハナスオウのつぼみが赤味を帯びています。

季節の変わり目、新型コロナウイルスの感染の影響が社会の隅々まで。早く自然の営みに寄り添う暮らしが戻りますよう!

| | コメント (0)

春めく庭の花・ツバキ・ヒメオドリコソウ・スミレ

2~3日前の朝焼けです。

Dsc_0004_20200313091401

日の出がずいぶん早まり、弘法山の左手に。日中の陽ざしも窓際に少しだけ…。

Dsc_0005_20200313091501

Dsc_0026_20200313091501

Dsc_0028

ツバキ・スミレ・ヒメオドリコソウの花たち。

Dsc_0018_20200313091501

クリスマスローズの花びらが、白から薄ピンク~薄緑へと変化しています。

新型コロナウイルスに翻弄されている日本~世界ですが、変わらない自然と平静な日常をと願うばかり。

 

 

| | コメント (0)

フキノトウに朝陽

我が家の庭にフキノトウが顔を出しました。

Dsc_0232

Dsc_0231

今日から弥生三月。

新型コロナウイルスは各地に蔓延し、行き当たりばったりの危機管理策が日本の社会の混乱を招いています。

外出時はマスク、消毒液のあるところでは手の消毒、家に帰ったら手洗い・洗顔・うがいを励行するシンプルな対策を実践するのみです。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ