« レヴィンの父・利昌さん逝去 | トップページ | ムクゲ満開 »

丹沢ホームに一泊

午前中、丹沢ドン会の名古木の棚田の作業を終えてシャワーを浴び、ひと休み。

夕方、コロナ自粛のあおりを受けて、何か月かは訪れる人もなかったという丹沢ホームへ。感染症対策を万全にそろりと営業再開とのこと。NPO法人丹沢自然保護協会の会議を終えて、この日は一人一部屋の優雅な宿泊。

008_20200621092201

007_20200621092201

翌朝は遠くの山肌に雲が漂い、少し寒いくらいの札掛の空模様。部屋の窓の外には、ブナとネムの木のみどりが色濃く映えていました。

010_20200621092201

札掛からの帰り、展望台からの下界は真っ白。霧が秦野盆地をおおい隠していました。

|

« レヴィンの父・利昌さん逝去 | トップページ | ムクゲ満開 »

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レヴィンの父・利昌さん逝去 | トップページ | ムクゲ満開 »